おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

ホリエモンの「幼稚さ」は、長所でもあり短所でもある!



ホリエモンが、餃子店に入ろうとした時、
連れの一人がマスクをしておらず、大モメになった。

ホリエモン自身はマスクをしていたのに、
「マスクなんてどうでもいいだろ!」と子供じみた抗議をしたが入店を断られた。

その後、ホリエモン信者が、店に無言電話などの嫌がらせを始め、
店側は警察に「被害届け」を出すという。



ホリエモンは3月のイベント自粛のときも、
「もうイベントなんて、もう絶対にしないからな!」
子供みたいにダダをこねていた。
ホリエモンがイベントをしなくても、誰も困らないのだが・・・



ホリエモン逮捕の3日後に、沖縄で怪死を遂げたライブドア野口副社長も、
その幼稚さの犠牲者といえる。

株式分割を繰り返して株価を高騰させる」などのグレーな手法を自慢し、
無邪気に反社会的勢力からカネを引っ張っていた。

しかし、逮捕で一気にカネが回収できなくなり、
「ヤミの勢力」を怒らせてしまったのだ。



「子供っぽい」からロケット事業などやれる訳で、
「ホリエモンの幼稚さ」は、長所でもあり短所でもある!
完璧な人間などいないから、自分はホリエモンを全否定はしない。

しかし、サロンなどは信者ばかりが集まってしまう。
信者が集団化すると、世間が見えなくなり、短所も肯定される。
その結果、先鋭化して暴走しやすいのだ。

そもそもカネを払ってサロンに入る輩は、自分で考えない人が多い。
「教祖の言うことは絶対正しい!」と信じてしまう。



我々一人ひとりの気が狂うことは稀である。
しかし、集団・政党・国家・時代においては、日常茶飯事なのだ。
【ニーチェ】

多く考える人は党員には向かない。
なぜなら、党派などを突き抜けて考えてしまうからである。
【ニーチェ】



カルト宗教信じてました。
たもさん
彩図社
2018-05-01

女優の竹内結子(40)が自殺、芸能界の闇ではなく「日本の闇」


先進国では日本だけ 「自殺」が若年層の死因第1位 

芸能人の自殺が相次ぎ、「芸能界のヤミ」と囁かれている。
だが、昔から日本は「自殺大国」だったし、
近年は特に「若者の自殺」が多い。


しかし、この深刻な問題を全く解っていない日本人が多い。
ヤミと言うなら、「日本自体がヤミ」なのだが、
多くの日本人は、日本の特殊性を理解できていない (´・ω・`)





自殺率は日本がG7で最悪だが、実は自殺者はやや減っている。
これは国や自治体が「中高年の自殺対策」をかなりやったからだ。

しかし、15~39歳では、自殺が死因1位となっており、
国際的に見ても、異常な状態になっている。



「中高年の自殺対策」は予算を掛けてやるのに、
「若者の自殺対策」はなぜかそこまでしないのは不思議だ。

氷河期世代も「自己責任だ!」と言って見殺しにしたし、
日本は子供や若者には厳しい。
その結果として第三次ベビーブームが消えてしまった。

日本の組織は「体育会系のピラミッド」なので、
若者は下っ端であり、ドレイ扱いなのだ。
「生きづらい」と感じるのも無理はない。


2020

ミニストップがロイヤルティーを廃止! 店舗側と利益折半する!

syachiku
ミニストップがオーナー側と利益折半

9/25、ミニストップは、現行のフランチャイズ契約を大幅に見直すと発表。
2021年9月以降、ロイヤルティーを廃止し、
店舗の売上から、仕入れ費+人件費+商品の廃棄費用などの経費
差し引いた事業利益を、加盟店と本部で折半する。

こうした仕組みはコンビニ業界初だ。
新制度に移行すれば、1日当たりの平均売上高が50万円の場合、
利益は現行に比べ15%増えると見込んでいる。



現行のフランチャイズ制度では経費は考慮ぜす、
仕入れ原価のみを差し引いた粗利益で算定し、
赤字でもロイヤルティーを徴収している。

さらに「コンビニ会計」という特殊なルールがあり、
弁当などの廃棄が増えるほど、本部が儲かる仕組みになっている。
だから本部は、強引な仕入れをさせたり、無理な出店をしている。

新方式なら、赤字なら本部への支払いはゼロになるし、
赤字が見込まれるような「仕入れ+出店」もなくなる。



コンビニ業界は、「オーナーの負担が余りに大きい」と社会問題になっており、
国からも是正が指示されている。

また、ミニストップは3年連続で赤字のうえ、新型コロナで売上げが減少している。
だからこそ「利益折半方式」で、経営の立て直しをしたいワケ。



しかし、赤字続きのミニストップが「利益を折半する」と言っても、
「お前らも儲かっていないだろ!」という疑問がある。

店舗の取り分が15%増えるなら、その分本部の取り分は減る。
売上がかなり上がらないと、ミニストップの赤字はますます酷くなる。
果たして上手くいくのかな?  (´・ω・`)




粉飾「JDI」が象徴する「日本の第3の敗戦」

sailing-ship-675214_640

粉飾「JDI」が象徴する日本ハイテク産業「第3の敗戦」

8/13に掲載された日経新聞の「世界市場調査の2019年版」で、日本企業の凋落が一段と鮮明になった。
スマホ向けの液晶パネルと、リチウムイオン電池向け絶縁体で中国企業にシェア首位を奪われ、
半導体DRAMや薄型テレビでは、韓国企業との差が拡大した。



ハイテク以外の製品やサービスを含めた全74品目について、
トップシェアの企業を国別にみると、日本は前年の11品目から7品目へ大幅減となり、
韓国に並ばれた。
25品目の米国や、12品目の中国からは、どんどん引き離されている。



30年前には日本は「技術力で世界1位」の座にあったが、
今は技術劣等国に成り下がった。

国が推奨した「コロナ対策のアプリ」も、バグだらけで機能していない。
そして、バグの原因も掴めておらず、正常化の目処が立っていない。
つまり、ハード分野だけでなくソフト分野も競争力が落ちているワケ。



2000年代以降、日本は電機部品、家電、パソコンなどで負けていった。
今や日本が強いのは自動車しかないが、
それもEV、AI、自動運転で立ち遅れており、凋落が見えている。
(特に日本はAIの開発者が非常に少ないから、今後は厳しい)



「日の丸液晶」「日の丸メモリ」「日の丸ジェット」など、
近年は「日の丸」がつくと必ず大失敗している。

「ウチには独自技術があるから復活できる!」と言うが、
独自技術など大抵の企業にはある。
武器にならないものを武器だと思いこむから、当然負ける。



さらにビシネス経験のない役人政治家が絡むと、
希望的観測で計画し、実行してしまう。

日本にはサラリーマン経営者が多く、
空気を読んで出世しているので、「目標未達」を嫌い、
データ改ざん粉飾を平気でやってしまう。



日本は名門企業や、国策企業でも当然の様に不正をする。
空気を読んで忖度し、数字や文書をイジるのは、
日本では「組織の為の自己犠牲」なので、責任は問われない。

むしろ、日本では「不正をする奴」が出世するのだ!
例えば、JDIの新社長は「財務統括部長」だった人物で、
「粉飾を主導した中心人物」だ・・・

粉飾がバレて、社長交代になったのに、
「粉飾の主犯」が新社長なのだから、呆れるしかない (´・ω・`)



日本電産の永守会長「将来的に、EV車の価格は5分の1になる」

business_senryaku_sakuryaku_man
日本電産の永守会長「EV車の価格は5分の1になる」


昨日、テスラは完全な自律走行性能を持つ2.5万ドル(約260万円)のEVを
「約3年以内」に製造すると発表した。

海外と違って、日本にはコレに驚いた人が結構いた。
「EV車は高いし、自動運転は遠い未来の話だ」と多くの日本人は信じている。



しかし、EVの部品を作っている日本電産の永守会長は、
「将来的にEV車の価格は5分の1になる」と去年から公言している。

そして、「部品点数の少ないEV車はエンジン車よりいずれ安くなる」
というのは、海外では常識だ。



テスラ自動運転中にシート倒し昼寝、時速140キロ出し訴追 カナダ

多くの日本人は「自動運転なんて20年も先の話だ」と言うが、
世界の認識は、否応なしに変わっている。

テスラのイーロン・マスクは、
7月に「年内には、完全な自動運転を実現する」と言っている。

開発が多少遅れる可能性はあるが、
自動運転EV車時代の到来は、時間の問題なのだ。 (´・ω・`)


テスラの「夢の新電池」 ミリオンマイルバッテリーとは?


テスラ「ミリオンマイルバッテリー」とは?

テスラが独自開発した「ミリオンマイルバッテリー」は、
160万kmの走行ができ、従来のバッテリーの10倍の寿命を実現した。
「車本体よりも、電池の寿命が長い」というレベルだ。


バッテリー本体、ケース、冷却系などを含めた全体のkWh単価が100ドルを切ると、
「ガソリン車よりもEVのほうが安くなる」と言われている。

そして、「ミリオンマイルバッテリー」はこの条件をクリアしている。
つまり、ついに「ガソリン車より安いEV車」が実現する。


この新電池は、コバルトなどのレアメタルも使わないようなので、
「安くて軽い」と言われている。
安い+軽い+長寿命と良い事ずくめだが、短所はないのかな?



テスラが260万円台EV製造、約3年以内に-完全な自律走行性能も

イーロン・マスクは9/22に
「今から約3年以内に完全な自律走行性能を併せ持つ、
260万円のEVを製造できる自信がある」と語った。



10年後には「安い自動運転EV車」が、日本でも普及している可能性がある。
そうなると、移動時はスマホで無人タクシーを呼べば良いわけで、
車を買う必要はないし、駐車場も要らない。

自動運転なら事故も減るし、資源を有効に使えるので環境にも良い。
人間が眠い目をこすりながら、長距離運転する必要もなくなる。
特に、「人手不足の日本」には必要な技術だ。



楽天モバイル、返金+無料化を撤回したのに、それを更に撤回!



自分は「数十円の誤請求」だったので、気にしていなかったが、
「8月までの請求は全額返金し、9・10月は全額無料にする」というメールが来た。

しかし、このメールの約束は、連絡もなく撤回されていた。
ここまでは、昨日書いた内容だが、
その後に「やっぱりメールの約束は守ります」という方針になった。



メールでの約束を撤回し、その決定を更に撤回したワケだ。
しかし、yamyamさんというYouTuberが、動画で指摘したことで、
わずか1日で態度がコロっと変わってしまった。

楽天モバイルは、意思決定がメチャクチャになっており、
言うことがコロコロ変わるので、全く信用できない。



自分は被害が少額なので、サポートセンターに電話していないが、
現場は「上の決定」に振り回されているようだ。

オペレーターやショップの店員も被害者と言えるだろう。
悪いのはトンチンカンな三木谷社長なのだ!



「9月末に5G通信を始める」と言うが、
こんな問題山積の状態で、5Gを始めればトラブルが倍増し、
サポートセンターは阿鼻叫喚になるだろう。

楽天は、今後は会社が傾くかもしれない・・・ (´・ω・`)


楽天モバイルは回線マップすらウソばかりで、社内は大混乱!



楽天モバイルの回線マップを検証した動画を見たが、
予想以上に「現実との乖離」が酷い。

アンテナが全く機能していない土地まで、
「自社回線エリア」にしてしまっている。

経営サイドと現場との「意識のギャップ」が大きいのだろう。
三木谷社長は「ウチは通信障害なんて起こらない!」と豪語していたが、
実際には、通信障害誤請求ポイント付与漏が多発している。





誤請求の件で自分にもメールが来て、
「8月までの請求は全額返金し、9・10月は全額無料にする」と書かれていた。

しかし、このメールの内容は、連絡もなく反故にされたらしい。
4ヶ月も経ってようやく誤請求を認め、謝罪メールを送ってきたのに、
それを理由もなく覆えしたのには呆れるしかない・・・



楽天モバイルに乗り換える時に、ある程度のトラブルを覚悟していたが、
流石に、ここまで迷走するとは予想外だった。

楽天モバイルでも、もうすぐ5Gを始めるようだが、
5G混乱にさらなる拍車を掛けるのは目に見えている。



一旦、体制を建て直さないとどうにもならないので、
三木谷社長は勇気を持って「5Gの延期」をすべきだと思う。

しかし残念ながら、そういった英断は期待できないだろう。
なぜなら三木谷社長の無理解が、現場を混乱させているからだ!
振り回される社員や派遣社員は大変だよね? (´・ω・`)



「刑務所以下の給食」 日本の貧困化が進んでいる!


2019年9月、台風15号で千葉県に大きな被害が出た。
1年も経過したのに、千葉県・館山市の小中学校では、
給食センターの再開ができず、ごはん+牛乳の給食が続いている。
この「簡易給食」は今年いっぱい続く予定。



急に痩せたり太ったりする子供が続出 露わになった背景とは

給食は予算が少なく、食材費も上がっているから、
給食センターでないと予算的に給食を提供できない。

貧困化が進む日本では、片親世帯・児童虐待育児放棄も増えており、
給食は生命線になっている。

だから千葉県・館山市は「ご飯だけでも出す」という判断をしたのだろう。
予算がない中での苦肉の策」と言える。



一方、刑務所に入ると税金で、「十分な食事」が提供される。
栄養士医師もついているので、非常に健康的だ。

受刑者一人につき、年間300万円以上のコストを掛けているが、
2019年の再犯率は、過去最高の48.8%になっており、 
日本の刑務所は、ずいぶん居心地が良いらしい・・・

受刑者には優しいクセに、子供には予算がつかないのはなぜだろう?
こんなトンチンカンな国に未来はあるのか? (´・ω・`)




「オンライン授業はイヤだから休学する」という「アホ学生」


「なぜ大学だけ、“日常”が戻らないのか」大学1年生の苦悩

「オンライン授業に納得できず休学する大学生」が、
日本には、少なからずいるようだ。

退学率は例年より約1%増えた程度で、退学はさほど増えていない。
しかし、「大きな不満を抱える学生」はかなり多い。



オンライン授業に不満を持つ学生は、
キャンパスライフを満喫したい」という人だろう。

そもそも日本の学生は、勉強しない事で有名だ。
理系は、実験レポート課題提出などが必要だが、
文系は、授業には出ずノートを回して一夜漬けで試験を受ける事が多い。
そして、日本は7割が文系だ。

日本企業の人事担当は「大学では勉強しないのが当たり前なので、
大学在学中の成績は重視しない」と言っている程だ。



大学に対して知識スキルを求める学生は、
オンライン授業は「効率的に学べる」ので歓迎しているが、
大学で遊びたい人は、「こんなの大学じゃない!」と言う。

しかし、企業だってテレワーキングに急速に移行している。
「リモートでのコミュニケーション」に慣れる必要があるのだが、
オンライン授業を嫌う学生は、卒業後の事を何も考えていないワケ!



日本の大学生の読書時間は、1日平均30分だが、
スマホでのゲームやSNSは、1日平均5時間だ。

しかも、今は大学全入時代なので、
小中高と全く勉強しなくても大学に入れてしまう。

そして、大学に入ってもスマホ+バイトに明け暮れる。
(スマホガチャに課金する為に、カネがいるのだ)

だから、読解力がなく、「文章を読めない大卒」が増えている。
ニュース記事なども読めないから、いつまで経っても情弱のままだ。



今後も「大卒のステータス」は、どんどん落ちていくだろう。
「学ぶ気」がないのなら、
4年間という時間や、高い授業料、交通費、家賃を費やす価値はない。

今や企業の終身雇用は崩壊し、40代からリストラが始まっている。
激変の時代なうえに、コロナ不況が加わり、倒産する企業も増えるだろう。

無駄に大学に行って、運良く大企業に新卒採用されても、
実力がないなら、いずれは路頭に迷う (´・ω・`)



プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで
記事検索