おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

ボルボがEV販売をオンラインへ移行、 2030年に店頭販売を全廃?




ボルボがEV販売をオンラインへ移行、 2030年には全てをEVに!

3/2、ボルボは今後販売する全てのEVをオンライン経由のみで販売し、
販売するEVの割合を、2025年に50%、2030年に100%にすると発表した。

納車やメンテナンスは引き続きディーラーで行なわれ、
ユーザーが選択するサブスクリプション契約でメンテナンスする。

2030年に販売車の全てをEVにして、オンライン販売にする計画で、
「10年以内に店頭販売を全廃する」という衝撃的な発表だ。



EVの部品点数はエンジン車の3分の1なので、メンテナンス代が安く済む。
メンテナンスで稼いでいるディーラーは、どのみち生き残れない。

更に、自動運転化が既定路線なので、
使いたい時にスマホで「無人タクシー」を呼ぶ時代になる。

車を所有する必要がなくなり、駐車場も要らなくなる。
つまり「売れる車自体が激減する」という事。



車を買う場合も、オンラインで買って自動運転で納車されるから、
もうディーラの店舗や営業員などは、要らない時代になる。

メンテナンス拠点は必要だが、既存の自動車整備工場を使えば良い。
要するに「10年以内に世界が変わる」ということ。



イーロン・マスク 世界をつくり変える男
竹内一正
ダイヤモンド社
2018-01-26

また楽天カードが大幅改悪! 還元率悪化 楽天モバイルのせい?



3/1、楽天カードは公共料金などのポイントを、
6/1から100円で1ポイントから、500円で1ポイントに変更すると発表。

変更の対象は、公共料金(電気、ガス、水道)、税金、国民年金保険料、
Yahoo!公金支払いの利用分。

楽天カードはゴールドカードの楽天市場でのポイントを、
4/1以降、+4倍から+2倍に引き下げると1/14に発表したばかりだ。



今まで楽天カードを「客寄せ」として使っていたが、
楽天モバイルの大赤字で余裕がなくなった、と言うことだろう。

三木谷さんの甘い見込みが大外れして、
楽天モバイルは毎年5000億円前後の設備投資が必要になるが、
圏外が多いので低価格にせざるを得ない。

「1ギガまで0円」なので、永遠に黒字になる事はない。
殆どの人は、サブ回線として無料通話を使い倒すだけだろう。



楽天カードは発行枚数が日本で一番多く、楽天市場の売上に貢献していた。
その楽天カード改悪は、明らかに愚策だが、
楽天モバイル撤退ができないのだから、やむを得ない。

そのうち、リストラを始めると思うが、
一番のお荷物は三木谷さんでは? (´・ω・`)



新タイプの「無人販売店」が日本で誕生! 低コストなので儲かる?



80年以上の歴史を誇る「雪松食堂」は、
自慢の餃子を広めたいと、無人直売所を約1年半前から
関東を中心に105店舗を展開している。

売上が好調で、今年に入って20店舗を出店している。
無人だと求人に苦労しないので、出店ペースを早くできる。



36個入りで1000円の冷凍餃子が24時間買える。
冷蔵庫から冷凍餃子を取り出し、
箱に千円を入れるだけなので、お釣りは出ない。
監視カメラを付けており、窃盗などは少ないという。



開店1カ月目で黒字達成 「24時間無人」の古着店

東京都中野区の「ムジンノフクヤ」は無人の古着店だ。
24時間無人営業なので、商品選び、試着、精算まで人と接触せずに完結できる。
2020年8月にオープンし、開店1カ月目から黒字で、現在も月300人が購入する。

商品に値札はなく、白は500円、グレーは1000円などと、
ハンガーの色で価格を示している。
清算は券売機でチケットを購入する形になる。
防犯対策は複数の防犯カメラで行っている。



この古着屋は1日10人くらいしか買わないので、
アマゾン・ゴーみたいなハイテクの機器はコスト上使えない。
つまり、日本ではローテクで低コストな無人店が増えているわけ。

野菜の無人販売なども日本特有だし、
日本は自動販売機が溢れており、世界で一番多い。

日本は技術的にも遅れており、人手不足も深刻だから、
「ローテク+低コストな無人店」はもっと増えるだろう。



amazon 世界最先端、最高の戦略
成毛 眞
ダイヤモンド社
2018-08-09

ひろゆき「パクられ動画」で「何にもしなくても大儲け」



ひろゆき「パクられ動画」で収益増「何にもしなくても大儲け」


ひろゆき氏の動画を切り抜いてテロップを付けて、
勝手にYouTubeにアップしているアカウントが複数存在している。

しかし、ひろゆきはコレを黙認している。
YouTubeにはコンテンツIDという、利益を著者者に配分する仕組みがあるからだ。



YouTubeにアップロードされた動画は、
コンテンツ所有者が提出したファイルと自動的に照合され、
一致すると、その動画に対してコンテンツIDの申し立てが行われる。

つまり、自動で切り抜き動画を発見してくれて、
コンテンツIDを付けて、収益の一部がコンテンツ所有者に入る。

ひろゆき氏は長時間のライブ配信をYouTubeにアップし、
それを切り抜き配信者が勝手に編集している。
長時間の動画を上手く切り取って纏め、数分の動画にして広めてくれるのだ。



ひろゆき氏は数年前から、この方法を提唱していたが、
誰もやらないので、仕方がなく自分で実践したそうだ。

5分の動画でも編集に数時間掛かるし、編集を外注するにも手間とカネが掛かる。
そして、多くのYouTuberは編集を外注すると赤字になる。

本当に魅力のあるコンテンツは、自分で編集する必要はないワケ。
しかし、コンテンツが大して面白くない場合は、
誰も切り抜いてくれないし、自分で上手く編集しないと誰も見てくれない。



スマホ代が、音声付き2GBで月780円! 楽天モバイルより安い?



IIJ、2Gで780円の新プラン 余った容量のシェアや繰越が可能に

2/24、インターネットイニシアティブ(IIJ)は、
4/1から始めるスマホの新プラン「ギガプラン」を発表。

2G、4G、8G、15G、20Gのプランを用意し、
2Gなら780円(税抜)、20Gでも1880円(税抜)に抑えた。



1契約で最大10回線まで利用でき、同一契約内であれば、
データ容量のシェアが可能で、余った容量は翌月へ繰り越せる。
つまり、家族全員や、小規模な企業で使うとお得になる。



最近は、家族・友人・勤めている会社との電話は、
LINEやスラックなどのアプリで行い、無料で済ませる人が多い。

通話は無料で出来る」という意識が広がっているので、
「5分間の通話無料」などは、それほど要らない。



IIJは、MVNO業界では楽天モバイルに次ぐ2位で、
ビックカメラの店内で、BIGシムとしても展開している。
また、法人契約にも強いし、毎年黒字を出している。

つまり、7年連続赤字の日本通信と違い優良企業だと言える。
また、楽天モバイルと違って圏外になるリスクが小さい。
IIJは「安くて信頼できる」と考えられる。



イオンの創業地で快進撃を続けるローカルスーパー

business_senryaku_sakuryaku_man


イオンのお膝元で勝ち続けているローカルスーパー

イオンの源流「岡田屋」が誕生した三重県は、イオンの密集地帯だ。
そんなイオンのお膝元で、1947年創業の「スーパーサンシ」は
13店舗しかないが、ネットスーパーで成長している。

イオンは売上高8.5兆円に対して、ネット比率はわずか1%しかないが、
サンシは13店舗中7店舗でネットスーパーを展開し、
売上全体の2割以上を宅配が占める。



サンシは40年前にイオンへの対抗策として電話での宅配を始め、
早い段階から仕組み化され、1990年代後半にネット受注を開始。
10年前のスマホ普及によって、一気に利用者が激増した。

サンシのネットスーパー事業は。15年前に黒字化しており、
今では営業利益率は実店舗よりも2~3%も高い。



<黒字化できたポイント>
①月額477円(税別)の会費を取ることで、購入頻度が上がる。
自社配送でコストダウンネット。
③アプリ開発、受注管理システム、動画の制作などを内製化
 スピード化とコスト削減の両方を実現した。



更に、2019年から40年間構築したネットスーパーのシステムを、
全国のスーパーに提供し始めた。
受注システム、ピッキング、配送などをすべてコンサルティングし、
そのエリアの特性にあったネットスーパーの構築を支援する。
結局、「自分で汗をかく企業」はノウハウが貯まるので強いということ。



特に最近の日本企業は、社員を増やしたくないから外注ばかりする。
システムを「丸投げ」するから、使い勝手が悪いものしかできないし、
ノウハウが貯まらず改善できない。

日本はサラリーマン社長ばかりになってしまい、責任を回避する。
自社の給料が安いクセに、責任を取りたくないので、
社員を増やさずに安易に外注してしまう。
しかし、他社に任せればコストは高く付くし、差別化などできない。


ネットスーパーの経営と実務
柴田 巌
商業界
2012-06-26

テックキャンプ卒業生が内情暴露! ただの雑用バイトにされる?



マコなり社長のテックキャンプの惨状について何度か書いたけど、
卒業生から暴露が、どんどん増えている。



「転職成功率99%」を謳っているが、
テックキャンプの悪評が知れ渡っているので転職は難しい。

2ヶ月で80万円も取るクセに、
講師(メンタ-)が、アプリを作れない素人なので、
当然、卒業生もレベルが非常に低い。



それに、たった2ヶ月の教育では戦力にならない。
全くの未経験者のほうがマシなのだ。

テックキャンプ卒業生だとバレると書類選考で落とされるので、
卒業生だという事を隠して転職活動しないとイケナイ。
テックキャンプに関わった事は、黒歴史になるワケ。



また、テックキャンプは転職保証をしているが、
実際は、エアコン屋のアルバイトの職などを斡旋している。
事務職というが、チラシの袋詰めなどの雑用係だ。

「誰でもエンジニアになれる!」と宣伝したクセに、
エンジニアでもなんでもないアルバイトにするのだ。

これで「上場を目指す!」と耳触りの良い事を言って、
36億円以上も集めているのだから、投資詐欺ではないのか?



楽天モバイル、今度は「My楽天モバイル」で不具合発覚!



今度は「My楽天モバイル」で、留守番電話や海外通話などの
通話オプションを変更できない不具合が表面化した。



楽天は1月中旬には気付いていたのに、1ヶ月半も隠していた
今でもホームページなどで公表はしていないが、
ようやくオペレーターが電話対応するようになった。
つまり、1ヶ月半もオペレータに隠していたワケ。



楽天はワンマン経営で、隠蔽体質だから対応も遅い。
いまだに「技術的に問題解決できない」という・・・
技術力が低いから、自分のアプリもメンテできない。



ちなみに自分の70代の父親も、楽天モバイルから不正請求されているが、
2ヶ月経っても解決していない。
オペレーターに電話しても「不具合などない!」と言われる。



三木谷社長は、都合の悪い報告を聞くと不機嫌になるから、
誰も不具合の事を言いたがらないのだろう。
まさに「ハダカの王様」だ (´・ω・`)



楽天モバイルのアプリに重大なバグ! SIMカード無しで通話可能!



楽天モバイルのアプリ「楽天LINK」で深刻なバグが見つかった!
一度、SIMカードを入れて認証すれば、
SIMカードを抜いても、WiFi環境で通話ができてしまう。



つまり、他社に乗り換えた後も「楽天LINK」で無料で電話できる!
SIMなしだと「電話番号が非通知」になるが、
他社のSIMを入れていけば、ちゃんと表示される。



固定電話や、楽天LINKが入っていない携帯に掛ける場合は、
楽天モバイルが通話料を負担するので、明らかにマズイ。
他社乗り換え後なのに、楽天が通話料を負担する事になる。



おそらく、アプリの仕様を決める際に、
「他社乗り換え後の事」を全く考えていなかったのだろう。

細かい検証がされないまま、事業を強行しているワケ。
だから、メチャクチャな大赤字になるのも当然だ。

ワンマン経営者の三木谷さんが、前のめりになっていたから、
たとえ社内の誰かが声を上げても、耳を貸さなかっただろう。



はだかの王さま
ブロンズ新社
2005-01-01

コロナ禍で、なぜ日経平均3万円? コロナバブルは終わるのか?



中国が貢献する日本のK字回復

コロナ禍で倒産や解雇が続くなか、日経平均が2/15に3万円を超えた。
3万円を超えるのは、バブル景気だった1990年8月以来だ。

サービス業や飲食は苦しいままだが、自動車・半導体など製造業の業績は急回復した。
業種によって明暗が分かれる現在の経済状況は「K字回復」と呼ばれる。



景気の二極化、忍び寄るインフレーション

日本だけでなく、世界的に「K字回復」が起こっている。
中国の輸出が爆発的に伸び、船もコンテナが足りない。
中国製の資材が到着しないので、建設工事にも遅れて出ている。

カナダでは、富裕者層がクルーザーを購入し、売り切れ状態になっている。
また、地元の人がホテルに泊まり「非日常を楽しんでいる」という。



ビットコインや株などが急騰しており、明らかにカネ余りが起こっている。
そうなると、次はインフレが起きる可能性がある。

もしインフレになれば、政府としてもカネをバラ撒けないだろう。
そうなると苦しんでいる業界には、致命的な打撃になる。
「社会的な分断」が起こるかもしれない (´・ω・`)



プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで
記事検索