おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

りそな銀元社長が顧問の不動産会社、不正融資の疑いが浮上!

wana_money_man
りそな銀元社長が顧問の不動産会社、銀行融資で不正疑い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000005-asahi-bus_all

りそな銀行元社長が顧問の不動産会社が、
物件価格を偽造し過剰融資を引き出していた疑いが浮上した。

この会社は東京都内にあり、ここ数年で新築アパートを少なくとも数十棟販売。
「極小ワンルーム」を売りに、テレビや新聞などでも取り上げられた。
会社のHPでは今年3月まで、元りそな銀社長が「顧問」として紹介されていた。



りそな銀、みずほ銀、千葉銀大光銀(新潟県)などに顧客を紹介し、
実際よりも高い物件価格を銀行側に示して過剰融資を引き出していた。

また、一部の顧客のネットバンキング画面の口座残高を偽造し、
過剰融資を引き出していたケースもあった。



顧客の一人は、
「自己資金なしで投資できる仕組みがあると教わった。
ネットバンキングの画面は『いじります』と言われ、『え?』と思ったが、
みんなやっていると聞いて受け入れた」と言う。

この顧客は融資が1千万円単位で余り、
そのお金は「別の投資に充てた」という。



このりそな銀行元社長が顧問の不動産会社の手口は、
スルガ銀行アプラスなどとほぼ同じだ。
「預金残高+物件価格」を偽造して過剰融資を引き出した。

マトモな銀行なら、
ネットバンキングに目の前でログインさせて残高確認するし、
物件価格もネットで周辺相場を検索して、すぐに異常に気づく。
つまり、「銀行側もグル」でないと不正融資はできないワケ!



あれだけ不正を繰り返したスルガ銀行は、
金融庁の森長官から「銀行のお手本」と絶賛されていた。
日本は「やったもん勝ち」なので、不正が非常に多い。

不正がバレても、海外と違って日本では逮捕される事は殆どない。
だから日本は、忖度で国家統計ですらも改ざんされるし、
空気を読んで忖度し、不正する奴ほど出世する。  (´・ω・`)



2025年東京不動産大暴落 (イースト新書)
榊淳司
イースト・プレス
2017-06-10

米国小売大手で、初の「コロナ倒産」 店を再開しても客が来ない!

business_jitensya_sougyou_man

米Jクルー、経営破綻 コロナ休業で資金繰り悪化

米国で約500店を展開していた衣料品の「Jクルー」が経営破綻した。
営業休止に追い込まれ、資金繰りが悪化していた。
新型コロナによる米主要小売業の破綻としては


「Jクルー」はオバマ大統領の夫人と娘が大統領就任式で着用して注目を集め、
1993年に日本市場に参入して20店超を展開したが、
収益悪化で2008年に撤退した。


米国の一部地域で再開した店舗でも、閑古鳥が鳴いている。
カジュアル衣料のギャップは店舗賃料の支払い中止を発表した。
百貨店大手のJCペニーニーマン・マーカスも破綻申請を検討している。





日本のアパレル通販も、売上が半分以下になっている。
外出自粛モードなので、服を買う必要があまりないし、
皆が、「コロナ恐怖+節約モード」でサイフのヒモが固くなっている。
その結果、「中国からの仕入れを殆ど止めている」という。


中国でも米国でも、店舗に客足が戻っていないし、
発注が激減し、工場も殆ど稼働停止になって、失業者が急増中だ。
その結果、余計にカネを使わなくなって負のスパイラルになっている。


つまり、米中では
「経済再開しても、客足が戻らない!
むしろ解雇が増えて深刻化した!」
という現実に直面している。
おそらく日本もそうなると思う・・・・


バフェットが航空会社の株を全て売却!「世界が変わった」


バフェット氏、航空株すべて売却 「世界は変わる」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO58768990T00C20A5I00000?s=4

5/2,バフェットは米航空大手4社の株式をすべて売却し、
「新型コロナで、世界は変わる」と述べ、
「感染が収束しても乗客数は戻るか解らない」との見方を示した。

2/24のインタビューでバフェットは「航空株は売らない!」
と力説していたので、あまりの変わりように驚いた。



2月の時点では「2003年のSARSのように7月頃に終息する
と専門家が予測していたが、
その後、南半球までコロナが広がり、
「ワクチンが配布されるまでソーシャルディスタンスは続く」
「世界的終息まで2年は掛かる」と予測が変わったのだ。


バフェットもその時点で、戦略を変えたのだろう。
「航空会社は2年も大赤字を垂れ流し、
国の支援が入るが、株式は紙くずになる」
というシナリオが現実味を帯びてきたのだ!
(JALも2010年に倒産し、国が救済したが、株は紙クズになった)



バフェット率いる米バークシャー、最終赤字が5兆円
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58768670T00C20A5I00000/

バークシャーの2020年1~3月期決算は、
営業利益は前年同期比6%増の約6000億円。
しかし、アップル株などの評価損が膨らみ、
最終損益は約5兆円の赤字になった。



「新型コロナで世界は変わる」
「外出制限が人々の行動に与える影響は分からない。
3~4年後に、昨年までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」
「コロナでも米国の成長を止められない」
割高すぎて、魅力的な投資先がない」

新型コロナで世界は変わるが、米国の未来は明るい。
しかし、株価はまだ割高すぎて買えないという所か・・・・


バークシャーは「買収してもリストラしない」という方針だったが、
近年はリストラも実施している。

マンガーも「いくつかの事業を停止する」と言っていたが、
今回のコロナ恐慌で、かなり厳しいリストラをやるハズだ。
世界は変わったので、「投資のやり方」も変えざるを得ない。



投資おいては悲観は友で、楽観は敵である。
【ウォーレン・バフェット】

最悪を想定せよ!
さもないと最悪が起こる。
【ベンジャミン・フランクリン】

FXや株の怪しい広告に注意!甘い話には引っ掛かるな!


コロナによる大不況のせいで、広告の依頼が激減している。
YouTubeなどからマトモな広告が消え、
「怪しい投資系の広告」ばかりになっている。


「誰でも、簡単に、大儲けできる」なんて事はありえない!
自分がやっているアイネット証券の自動売買だって、
市場・システムへの理解は必要だし、当然リスクもある。
安定的に運用するなら年利10%前後で、大儲けはできない。



借金560万円のシングルマザーが見た「人気インフルエンサーの闇」
https://bizspa.jp/post-303737/2/

自称インフルエンサーや有料サロンにも注意すべきだ。
大抵はサロンメンバーが、お互いのnoteを購入し、
アフィリエイトを踏ませ、ツイッターをリツイートして、
「いいね!」を押す事で相互にフォロワーが増え、
成長+儲かっている雰囲気を演出しているダケだ。


つまり、お互いにサクラをやって雰囲気を盛り上げ、
成長のために、サロン主の情報商材やコンサルに大金を払う。

要するに、「カネを払って都合よく使われ養分になる」
その養分を吸って儲かるのは、サロン主だ!


確証バイアスとは、
自分の都合の良い情報ばかりを集め、
都合の悪い情報を無視する心理作用のこと。


人間は見たいものを見てしまう性質があるので、
「誰でも、簡単に、大儲けできる!」
「サロンに入って皆で成長し、会社員を卒業しよう!」
という甘い言葉に引っかかってしまう。
つまり、キラキラしたモノほど危険なんです!


人間は見たいと欲するモノしか見ない。
【カエサル】


これから始まるドロ沼の倒産ラッシュ、殆どの業種が阿鼻叫喚になる!

company_character_zombie (1)
5/1、安倍首相は新型コロナの緊急事態宣言の延長を「5/4に決定したい」と表明。
1カ月程度の延長を調整するよう西村経済再生担当相に指示した。

1カ月程度の延長であれば、5/6→6/6になるのかもしれないが、
自分の地元の図書館は6月末までの休業を決めた。



中小企業6割が6月末までに破綻の恐れ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/272464

既に企業には、2・3・4月と3か月分のダメージが溜まっていて、
中小企業6割が、6月末までしか持たない。

コロナ終息まで2年、景気回復まで3~5年と予測されている。
つまり、6・7月あたりに緊急事態宣言が解除されても、
ソーシャルディスタンスは2年くらい続くハズだ。
つまり、「ドロ沼の倒産ラッシュ」は避れられそうにない。



これから始まる地獄の倒産連鎖、コロナの影響をモロに受ける12業種
https://president.jp/articles/-/34823

帝国データバンクによると、新型コロナ関連倒産37件のうち、
飲食が12件、観光が16件を占める。



今後は建設、不動産、小売、サービス、広告、製造など
「殆どの業種」で倒産が相次ぐだろう。

医療、物流、証券会社、IT関連などは、
逆にコロナで追い風になる可能性がある。



ANA、JAL、JRなどのインフラ企業は国が助けるだろうが、
全ての業種を2年間も助けることなど不可能だ。

特に日本は、「コロナを国のせいにするな!」
と叫ぶ政治家が多く、国民を支援する意識が希薄だ。
たった10万円を配るのにも、和牛券やらで2ヶ月も揉めた。

これから「世界恐慌以来の地獄絵図」
を見る心の準備をしないとイケナイ。



FX自動売買、4月の利益は71万円、トレードが下手な事が幸いした!

little-boy-1635065_640
2018年7月からは、リスクオフ方向に舵を切り、
ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

4月の月間利益は、71万円だった・・・
2019年の4月は24万円だったので、前年比で2.9倍だ!

<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
       8月 64万円
       9月 70万円
       10月 99万円 <ここで退職を決めたw
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
       2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
       3月 42万円 
       4月 24万円 < (´Д`;)
       5月 38万円
       6月 28万円 < (つД`)
       7月 32万円 <  (゚д゚)、ペッ
       8月 48万円 
       9月 36万円
       10月 29万円 < (*゚Д゚)  
      11月 20万円 < (゚⊿゚)シラネ
      12月 18万円    < (*´Д`)
  2020年1月  30万円 < (´・д・`)マター 
       2月 48万円
      3月 281万円 <コレには驚いた!
     4月 71万円

2018年は合計624万円をループイフダンで稼いだ。
2019年は合計406万円だったが、
2020年は1~4月だけで430万円の利益が出ている!



トラリピやループイフダンは「弱気相場」でも、
うまく設定すれば、利益が出しやすい。

欲をかかず、年利10%くらいを目指せば、
安定した「手堅い運用」が可能だ。

大儲けはできないが、
「FXの自動売買」は資産運用として使えるワケ!
「不況時の資産運用」に適している。



個人投資家がFXに回帰、値幅拡大+テレワークも追い風
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-23/Q8VA4HT0G1LF01

2020年3月のFXの出来高は、1015兆円と過去最高だった。
「テレワーク+ボラティリティ復活」が原因だろう。

新規参入者や、FX経験者の復帰が激増しているらしい。
FXや証券業界は、コロナで恩恵を受けている訳だ!



自分はトレードが下手なので、裁量取引はやっていない。
たまにトレードをしたくなるけど、
デモトレードで射幸心を満たしている。

「トレードが下手な事をしっかり自覚している」からこそ、
地味なリピート系FXでチビチビ儲けられるのだ。


厚切りジェイソンが収入の9割を投資し、セミリタイア状態だった!


厚切りジェイソンが収入の9割を投資につぎ込む理由
https://money-bu-jpx.com/news/article024404/

厚切りジェイソンは現在33歳だが、
30歳からは「働かなくても良い状態」になって、
「もう、やりたい仕事しか受けない」と言う。

3人の子持ちで養育費も掛かるハズなので、
若くしてかなりの資産を築いたようだ!



タレント業、会社の役員、
シカゴのマンション収入などで稼いでいるが、
家賃の安い厚木市に住み続け、
「収入の9割は投資に回わす」という。

①物を買うときは必ず数箇所をチェックし、
2km先の業務スーパーで1円でも安い物を買う。

②コーヒーに700円も払うような事はせず、自分で作って飲む。



でも、これらは自分も当たり前にやっている。
自分も家賃が安い地域に住んでいるし、
業務スーパーでインスタントコーヒー「マキシム」を買うけど、
かなり美味しいし、1杯あたり7円くらいで済む。

また自分は長時間、外出する時は、
水筒をバックに入れ、喉が乾いたらその水を飲む。



「そんなにケチケチしてカネを貯めてどうするの?」
と言う人が多いけど、
「お金に困りたくないし、自由に時間を使いたいだけ!」

「お金を大事に使う人」は
「お金に困らないし、時間を自由に使える」

逆に「カネを浪費しながら、一生苦しみながら働く人生」

与沢翼が月3万5000円で生活していた!「腹八分で満足すべき」

money_narikin
与沢翼、月3万5000円の質素倹約生活。
「腹八分で満足する習慣が大事」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7140078

与沢翼は情報商材を売り、「秒速で1億円稼ぐ男」と呼ばれ、
法人税滞納で無一文に転落したが、
そこから4年で純資産70億円を築き上げた。



現在は年間5~15億円の収入があるというが、
タイのバンコクで暮らし、
毎月3万5000円程度しか使わないという。

テレビで見せている派手な生活は演技で、
「今は夜遊びも全くしない」という。



昔は浪費していたが、
今は「腹八分で常に満足感できるよう自分を癖づけしている」という。

腹八分で満足できると、いろいろな価値を併存させ、
活力をもって生きれるという。



たとえ年30億円を稼いでも、
湯水の如く浪費すれば、足りなくなる。
誰もが、どこかでブレーキを掛けないと破綻するワケ!

「ブレーキを掛ける痛み」は金持ちになっても変わらない。
だったら、早目にブレーキを掛けたほうがラクに安全に生きられる。



幸福感は年収900万円を超えると比例しなくなる。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/41296

ノーベル経済学者のカーネマン教授の調査では、
年収7万5000ドル(約900万円)を超えると幸福感は上がらなくなる。

日本の調査でも似たような結果が出ていて、
「平均より少し多いくらいの年収」が幸福感が一番高かった!



年収30億円でも、破綻する人はいるし、
年収300万円でも、余裕のある老後を過ごせる人はいる。

少額で満足できれば、
嫌な思いをしたり、体を壊しながら働く必要はない。

アクセル(稼ぐ力)よりも、
ブレーキ(満足する力)のほうが大事なんです! キリ


お金の真理 (単行本)
与沢 翼
宝島社
2020-04-23

世界一の投資家レイ・ダリオが警鐘「復興には3~5年掛かる」

money_chokin_seikou_man
レイ・ダリオが予測する、新型コロナがもたらす3つの変化
https://www.businessinsider.jp/post-211744

レイ・ダリオは12歳から投資を始め、
ヘッジファンドを世界最大手まで育て上げ、
投資の腕だけで「世界で46番目の富豪」になった天才。


レイ・ダリオ曰く
「誰もが安全を確保したいから、貯蓄率は上がるだろう」
「優先順位が医療などに変わり、
人工呼吸器や救急病床を増やし、マスクや防護服を備蓄するようになる」
「国際的な供給網も大きく変わる可能性がある」



レイ・ダリオの4つのアドバイス

レイ・ダリオは、今後の有望セクターは2タイプだという。
2つに共通して言えるのは、「借金が少ない企業を選べ」という事。
景気が厳しくなるので、高いレバレッジは危険なのだ。


1つ目は「安定した定番の銘柄」
キャンベル・スープなど、不況に強いディフェンシブ銘柄。

2つ目は「イノベーター」
アマゾンやテスラなどは、世界を変えていくのかもしれない。



<長期投資家へのアドバイス>
楽観的に行動するな。
②マーケット・タイミングを試みてはいけない。
③上手に分散投資をしろ。
④貨幣システムが崩壊するかもしれないので、にも投資しろ。



レイ・ダリオ「復興には3年~5年掛かる」
https://forbesjapan.com/articles/detail/34012

4/21、レイ・ダリオはインタビューでこう応えた。
「新型コロナから世界経済が立ち直るには3~5年必要だ」

「これからは国家も、自立や自給自足を目指すようになる。
何故なら国家も弱者となるからだ」

「裕福な国でも、手持ち資金を使い果たしてしまうケースが出てくる。
世界の多くの国が、無傷ではいられない」

世界的なインフレや貯蓄率の上昇も起こり得る」



世間には「インフレなど有り得ない!」
「コロナなどインフルエンザと同じだ!」と強弁する人がいる。

しかし、「コロナ恐慌」や「原油先物のマイナス価格」など
「有り得ないとされてきた事」が連続で起きている。

世界一の投資家と言われるレイ・ダリオも、コロナで損失を被っているし、
「次に何が起こるか」など、誰も知らないのだ。
「自分が何も知らないと理解する事」が大切なのだ。



これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らざると為せ。
【孔子】

彼は何も知らないのに、何かを知っていると信じており、
これに反して、私は何も知りはしないが、知っているとも思っていない。
【ソクラテス】


PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則
レイ・ダリオ
日本経済新聞出版
2019-03-21

三菱UFJ銀行「新卒採用を2000人減らす!」 世界恐慌以上の大不況?

business_group_shock
従業員減、2000人上積み 構造改革を加速 三菱UFJ銀

三菱UFJ銀行は2023年度までに
6000人を削減する計画を2017年に発表していたが、
さらに、2000人程度を追加で削減する方針を決めた。


「自然減に加え新卒採用を抑制する」と言うが、
自然減は急には増えないので、
「新卒採用を激減させる」という事だ。

予想していたが、日本の大企業が新卒採用を絞り始めた。
リーマン以上の大不況が来るのだから、こうなるのは当然だ。
年内には、倒産リストラの嵐になると思う。



ファーストリテイリング 柳井会長
「世界恐慌より酷くなるかも!」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58516490W0A420C2MM8000/

ユニクロの柳井会長曰く、
「当社は中国でピーク時に半数の約390店を休業して、
ほぼ再開したが、売上げは以前の60~70%しかない。

他の産業でも、店に顧客は戻っていない。
中国でそうなら日本の復活はさらに遠い」

「新型コロナは1919年のスペイン風邪以来の、100年に1度の危機だ。
現在の対策では、大不況は避けられない。

国際通貨基金(IMF)は1929年の世界恐慌以来の不況になると予測しているが、
その予測より悪くなるのではないか」



日本の飲食店経営者の多くは
「2・3ヶ月で元に戻る」という甘い考えだが、
封鎖を解除した中国ですら、
飲食店の売上は、前年の3割にも届かないのが現実。



日本は建設業などは、2・3ヶ月で再開すると思うが、
ソーシャルディスタンスは、ワクチン接種まで続くので、
スポーツジム、映画館、イベント系などは再開は厳しい。

ワクチン接種まで2年
景気回復にはさらに1年くらい掛かるだろう。


ユニクロ潜入一年
増生, 横田
文藝春秋
2017-10-27
プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで