おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

予想どうり、楽天証券がSBI証券に続いて、米国株取引の最低手数料をゼロに!

jigenbakudan_kaitai_shifuku
楽天証券が、SBI証券に続いて米国株取引の最低手数料を撤廃
https://moneyzine.jp/article/detail/216238


値下げ競争のすえ、SBI証券が米国株取引の最低手数料をゼロにしたので、
「楽天証券とマネックスも追従すると思う」 と昨日のブログに書いたけど、
早速、楽天証券が追従した。



楽天証券は先を読む力はないが、半日で対抗したので意思決定のスピードはある。
マネックスは始めに値下げを仕掛けたけど、先を読む力も、意思決定のスピードも見劣りする。

マネックスは事業規模が小さいので、スピードや創意工夫で負けると厳しい。
実際、マネックスはこの数年で「売買シェア」がジリジリ落ちて差が開いている。
「その焦り」から、最低手数料値下げを仕掛けたのだと思う。



セブンペイ問題でも感じたけど、最近は日本企業の経営者のレベルが落ちている
もともと「レベルは低め」だが、「2手3手先を読む事」が出来なくなっている。
しかし、少なくとも、20年前の経営者のほうが「先を読んでいた」。

昔は、日本国内で勝ち組になった企業は、海外でも通用したけど、
今は、日本国内で勝ち組になった企業でも、海外では通用しなくなった。



いきなりステーキ」のペッパーフードサービスなどは、NYに出店したのだが、
いきなり米ナスダックにADR上場し、客の入りが悪く短期間で上場廃止になった。
3店舗程度を半年ほど運営し、客のウケを確認してから意思決定すれば良いのに・・・

日本の組織は「全てが上手く行く!」という前提で計画を立ててしまいがち。
結局、日本人は「空気を読む」から、経営者の意に反する意見を言えずに暴走する。
セブンペイの失態や、インパール作戦が、まさしくそうだ。



セブンペイ問題で経産省が激オコ! ガイドラインすら守っていなかった!

business_black_kigyou2
決済事業者に不正防止の誓約書要求 経産省、セブンペイ問題受け
https://www.sankei.com/politics/news/190709/plt1907090021-n1.html


7/9世耕経済産業相が記者会見で
「セブンペイ問題は、2段階認証など基本的な対策を怠っていたことが原因だ」
「セブンペイ以外の決済事業者も含め、不正防止のガイドライン徹底を改めて求める」と述べた。

7/8付で決済事業者に不正防止のためのチェックリストと、
ガイドラインを守っているかなどを確認する誓約書を決済事業者に交付した。

事業者に誓約書の提出を求め、不正防止対策が不十分だった場合、
10月の消費税増税時のキャッシュレス決済によるポイント還元事業者の登録を取り消す。



4月に策定されたガイドラインでは、
「決済事業者は不正防止のために、スマホと決済アプリを紐づけ管理しなければならない」
と定め、2段階認証を求めていた。

7/8に交付されたチェックリストには、
2段階認証など「本人認証のプロセスの導入」といった不正対策の項目で構成されている。



要するに、セブンペイの経営陣はガイドラインを理解していなかったし、
そもそも決済会社の社長が「2段階認証を知らない残念な昭和脳」なので、
やむを得ず、チェックリスト+誓約書 を義務付けたワケ。

さらに「不正防止対策が不十分だった場合、
10月の消費税増税時のキャッシュレス決済によるポイント還元事業者の登録を取り消す」
という「3段構え」だ。

セブン&アイホールディングスのような一流企業が、ここまでされるのは異例だ。
余りに無能すぎるので、「手とり足とりしないといけない」状況なのだろう。




セブン&アイ、セブンペイ不正利用で失ったもの
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47133690Z00C19A7000000/


7/4、セブンペイの不正利用が発覚する以前の株式関係者向け電話会議で、
セブン&アイの取締役は「対応が遅れ、競合に客が流れている」と危機感をあらわにした。

ファミマやローソンは「LINEペイ」や「ペイペイ」などを取り入れていたのに、
セブン&アイは独自のスマホ決済にこだわり、導入が遅れていた。

「代金の20%還元」などスマホ決済業者のキャンペーン競争が起こり、
直近では売上高増減率で、他社を下回る月が目立っている。



セブンイレブンは、これまで独自路線で成功していたけど、それは鈴木会長の力だった。
強力なリーダーがいなくなった経営陣には「2段階認証を知らない残念な昭和脳」しかいない。
ジョブズが亡くなった後のアップルのように、しばらくは順調だったが、やはり・・・



SBI証券が米国株手数料の最低額をゼロに! 「Tポイントプログラム」も開始

kigyou_business_man
7/9 SBI証券が米国株手数料の最低額をゼロに!
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/09/news113.html


マネックス証券、楽天証券が最低手数料を5ドル→0.01ドルに下げたけど、
本日、SBI証券が「最低手数料ゼロ」を発表した。


昨日のブログに、「SBI証券が最低手数料をゼロにしてきたらどうするのか?」
と書いたけど、予想が的中した。
あの戦略的なSBI証券が、何もしない訳がないのだ!


こういう展開は予想できたハズだ。
そもそもマネックスは、最初から最低手数料をゼロにすべきだったし、
楽天証券も、対抗時に最低手数料をゼロにすべきだった。
どうせ両社とも追従して最低手数料をゼロにすると思うが、後手に回った印象を与える。




SBI証券が「Tポイントプログラム」 各種取引でTポイントをためる・使える
https://moneyzine.jp/article/detail/216225


SBI証券は、今まではSBIポイントが貯まるようになっていたが、
7/20以降は、新ポイントの利用規約に同意した客には、Tポイントが付与される。

SBIポイントからT ポイントに切り替われば、使い勝手が良くなるので、これは嬉しい!
楽天証券の「楽天ポイントプログラム」に十分対抗できるだろう。



中学生の半数は、スマホに電池が入っている事を知らない! 中学生43%は読解力がない! ゆとり教育を止めても状況は悪化


中学校の先生のツイートが話題になっている。
中3の電池の授業中に「スマホに電池が入ってるの知らなかった人?」
と聞いたら、「半分以上の生徒が手を上げた」との事。


今の20代は知識と理解力が乏しい子が多いけど、10代は更にヒドい。
日常的に充電しているのに、スマホの中に電池があるのを知らない。
スマホがどうやって動いているのか、疑問や興味も持たない。
小学校で「電池を使った実験」をやっているのに、理解できていない子が多いのだ。




中高生の読解力ピンチ 文法分からず中学生43%が誤答  国立情報学研究所調査
https://www.sankei.com/life/news/171128/lif1711280007-n1.html

例えば中学の教科書から引用した「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」の一文と、「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」の一文とが同じ意味かどうかを尋ねたところ、「同じ」と誤答した中学生は約43%を占め、高校生でも約28%が間違えた。
引用元:産経新聞

約3割の高校生が「読解力が乏しい」のが現実だ。
彼らは本を読めないから知識が浅く、テストなども文章を理解できないので間違える。
社会に出て、マニュアルや電子メールを読んでも理解できない。
つまり、一生ハンデを抱えて生きることになる。


彼らは学習能力が低いので、大人になっても敬語は使えないと思う。
母国語の敬語が使いこなせないレベルでは、外国語なんて到底無理だ。


ちゃんと教育しても、理系も文系もダメな子が増えている。
教育の劣化ではなく、急速に人材が劣化しているのだ。
残念ながら、ゆとり教育を止めても状況は悪化しているのが現実だ。


まあ、幼少期からスマホなどを触らせていれば、オカシクなるのは当然か。
海外では、「小さい子供にスマホなどを触らせない家庭」が多いのだが・・・・




マネックス証券と楽天証券が激闘! 米国株の最低手数料を5ドル→0.01ドルに!

1_17

①7/4 マネックス証券 米国株の最低手数料を0.1ドルに 少額売買のコスト改善
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/04/news083.html
②7/5 楽天証券、米国株手数料を最低0.01ドル マネックスを下回る!
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/08/news073.html
③7/8 マネックス証券が楽天証券に追随 米国株最低手数料を0.01ドルに
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/08/news114.html


今までは、米国株の取引手数料は、SBI証券、楽天証券、マネックス証券が横並びで、
最低手数料5ドル、最高手数料20ドル、取引手数料は取引金額の0.45%だった。

しかし、7/4にマネックス証券が最低手数料を0.1ドルにすると発表した翌日に、
楽天証券が0.01ドルにすると発表したスピード感には驚いた。
更に、その翌業務日の7/8にマネックス証券が0.01ドルにして、両社は同等となった。



結局は、年金不安が急拡大している事が遠因だろう。
少子高齢化が進む日本の株は売れないから、米国株に向かうのは当然だ。
つまり、今後は日本株ではなく米国株が主戦場になる。

「年金が不安になって、これから米国株を始める客」 を取り込むと有利に戦える。
最低手数料を下げても、大きな損出はでないので、最低手数料の値下げは良いアイデアだ。

しかし、SBI証券が最低手数料をゼロにしてきたらどうするのだろうか?
強かなSBI証券が、このまま手をこまねいて居るとは思えない・・・・




しかし、良い時代になった。
野村證券の店舗では、外国株式の手数料は71,000円以下は10.8%も取られるが、
上記のネット3社は0.45%なのだから、非常に有利だ。

7万円相当の米国株を野村證券の店舗で買うと、7560円位の手数料が掛かるが、
マネックス証券と楽天証券なら、315円位で済む。
(米国株は日本株と違って1株から買えるので、少額から投資できる)

つまり、「この20年で劇的に投資しやすくなった!」という事。
その恩恵を享受すれば、かなり有利に資産を増やす事ができる。



年収1億円以上の人は日本に2.3万人もいるが、56%は投資家・投機家だった!

キャプチャ5813
年収1億円は2万人以上いる! 資産億超えを成し遂げる人は何が違うのか?
https://hbol.jp/191060


国税庁の発表によると、2017年に「年収1億円以上を稼いだ人」は2万3250人
日本国内の就労者人口が6552万人なので、全就労者の0.035%という事。
つまり、1万人のうち3.5人は、年収1億円以上がいる訳だ。


<年収1億円以上の職業別の割合>
1位 株・為替などのトレーダー 56.4% <ダントツですね!
2位 超一流企業の給与所得者 31.8% <一流企業で頂上まで出世できた人達
3位 事業所得者            7.8% <起業家や2代目社長
4位 不動産所有者          2.8% <地主 or 不動産投資家
5位 作家・ミュージシャン      1.2% <才能を開花させた人々


日本は投資・金融教育が行われていない異常な国なので、
投資・投機はキケンだ!」というトンチンカンな人が非常に多い。
しかし、投資家・投機家は「最も稼げる職業」なのだ。

自分の同僚は2人過労死したし、祖父は労災事故で亡くなった。
だから「一番キケンなのは労働だろ!」と声を大にして言いたい!

投資・投機ではカネは失っても、命は取られない。
要するに、「一般大衆の常識」と真実は間逆なのだ。





キャプチャ5585

この「年収1億円以上を稼いだ人」の推移を見れば、鋭い人はピンとくるだろう。
1998年にFX取引が始まったり、ネットで簡単に株を買えるようになったり、
この20年くらいで、投資・投機が飛躍的にやりやすくなったワケ。


昔は個人での投資は非常に難しかったが、今は簡単に投資できる様になった。
その結果として、「株式・FX投資家」という一大勢力が生まれたのだ。
しかし、「それに気づいている人」は非常に少ない。


自分は「節約+投資」で資産を増やして、去年12月に早期リタイアしたが、
さして優秀な訳でもなく、「この流れ」に乗ったので資産を増やせただけ。


年収1億円になれなくても、数千万円の資産を築けば、早期リタイアできる。
投資スキルを身につければ、老後の不安なんて解消する。



現役ファンドマネージャーが秘密の手法を公開! CATWMN(キャットウーマン)とは?


『ザ・マネー』~西山孝四郎のマーケットスクエア 2019年7月5日


29分頃から、西山さんが注目すべき事をおっしゃっています。
https://youtu.be/dfXPn9LpPBE?t=1723

「S&P500を買って、TOPIX(東証株価指数)を売れば良い」 
「アマゾンを買って、S&P500を売れば良い」 

これは、マーケットニュートラルという手法で、
買い建て(ロング)と売り建て(ショート)を組み合わせて、
市場全体の価格変動に左右されない収益を目指す運用手法。

「有望なモノを買って、有望でないものを売っていれば」
たとえ、下げ相場になっても変動を受けにくい。
上げ相場の恩恵も受けることができないが、乖離で安定して儲けることが出来る。
この手法は個人でも使えそうだ!

CFDなら決済期限なしで空売り出来るので、GMOクリック証券の口座は持っている。
まだ使ったことがないけど、いざという時はリスクヘッジに使えると思う。




35分頃に「キャットウーマン」という言葉が出てくるので調べたら、
CATWMN(キャットウーマン)は下記6銘柄だった。
  C  CRM セールスフォース
  A  ADBE アドビ
  T  TWLO トゥイリオ
  W  WDAY ワークデイ
  M  MSFT マイクロソフト
  N  NOW サービスナウ




CATWMN(キャットウーマン)6銘柄に注目!
https://media.monex.co.jp/articles/-/11771

トゥイリオ、ワークデイ、サービスナウは聞いたことがなかったので、さらに調べてみた。
詳しいことは良く解らないが、3社ともエンタープライズ系のようだ。
エンタープライズとは「企業向け」に提供される製品やサービスなどを指す言葉。


トゥイリオ:TWLOは、リアルタイム通信の構築・拡張・操作を可能にする。
開発者が、音声、メッセージ、ビデオなどを自分のアプリケーションに埋め込める。

ワークディ:WDAY は、金融・人的資源用のクラウド・アプリケーションのプロバイダー。
企業、教育機関、政府機関に人的資本管理や分析アプリケーションを提供している。

サービスナウ:NOWは、ワークフロー・ソリューションを提供し、
顧客サポート、人事、セキュリティ事業など企業部門のサービス管理を行っている。



今は、リセッション(不景気入り)が予想されているから、
不景気に強いサブスクリプション(月額課金方式)に注目が集まっている。
CATWMN(キャットウーマン)6銘柄は、サブスクリプション系なのだと思う。



6ヶ月掛けてアドセンス申請が通った! 副業をやりたい人は「熱狂できる何か」を探すべき!

money_chokin_seikou_man
ブログ歴は5年だけど、会社が副業禁止だったので、ブログの収益化を避けていた。
12月に退職したので、ブログで「お小遣い稼ぎ」しようと思って、
1月からライブドアブログに移り、グーグルにアドセンスの申請をしていた。



しかし、グーグルのアドセンスがなかなか通らなかった。
グーグルが「お金関係」と「健康関係」のサイトに対して厳しくなった影響だと思う。

しかし、7月に入ったらアドセンスの申請が許可された。
審査基準が変わったのか、6ヶ月毎日更新したのが評価されたのか、理由は不明だ。

自分にとっては、ブログは学んだ情報をアウトプットする為の場所なので、
別に稼げなくてもブログを続けるのだが、少額でもお金を稼げるのは楽しい!
しょぼいブログなので、利益は月数千円かもしれないが、自分には十分意味がある。



自分は副業は一切やっていなかったが、「倹約と投資」で20年で早期リタイアできた。
副業もすれば、もっと早く早期リタイア出来たかもしれない。

しかし、自分は狂ったように、投資関係について情報収集してきた。
平日2時間、休日5時間以上も費やしたので、20年間で約2万時間だ。

つまり、副業禁止だったけど「大好きな投資の勉強」に莫大な時間を使っていたのだ。
だが、アウトプットしないと頭の中で情報が上手く整理できないので、ブログが必要な訳。




メルカリ創業者の山田進太郎氏に「センスとは何か」を尋ねたところ、
『風呂上がりでも、その事しか頭にない、というくらい好きなモノがある事』と答えた。


結局のところ、おカネを稼ぐのは簡単ではない!
ブログ、動画、せどり、プログラミング、投資なども、人によって「向き不向き」がある。

自分は投資が大好きなので、投資に熱狂した結果、ソコソコ稼げるようになった。
でも、始めの数年は失敗の連続で、資産が半減した事が2度もあった・・・

これから副業を始める人は、「熱狂できる何か」を探したほうが良いと思う。
熱狂できて、おカネも稼げるなんて最高でしょ?    (σ´∀`)σ   




何かに挑戦したら、確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれない所で、同じ情熱、気力、モチベーションをもって
継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。
【羽生善治】



セブンペイが致命的な欠陥で不正利用 「そもそも社長が二段階認証を知らない!」 

money_amakudari
7payのパスワード再設定に脆弱性、運営元が対策 「解決していない」との指摘も
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/04/news079.html


ユーザーの生年月日や電話番号、会員ID(メルアド)を知っていると、
「第三者のメールアドレスにパスワード再設定のメールを送れる」という問題が発覚。
不正アクセスによる被害は、たった3日で約900人、約5500万円と試算されている。




中国籍の男2人逮捕、セブンペイで詐欺未遂容疑 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46983220U9A700C1CC1000/


電子たばこのカートリッジ40カートン(約20万円分)を
セブンペイで購入しようとした中国人が2名逮捕されたけど、組織犯罪なのは確実だ。

生年月日・電話番号・メルアドは昔から大量に漏れていて、膨大なリストがヤミで売られている。
そういう「過去に漏れた情報」を利用してパスワードを再設定したのだろう。




セブンペイ緊急会見で、「そもそも社長が二段階認証を知らない」と露見してしまった!
https://buzzap.jp/news/20190704-7pay-trouble-2/


セブンペイの小林強社長は、緊急記者会見で「なぜ二段階認証をやらなかったのか?」
という質問されて「二段階認証って? SMSって?」と言葉に詰まってしまった。

ネット決済の常識になっている「二段階認証」や「SMS:ショートメッセージ 」を
「決済会社の社長」が全く知らなかったワケ!




日本企業の上層部は「自分達と似た価値観を持った後輩」を引き上げたがるので、
文系の昭和脳」しか出世できない。
セブンペイの社長が特別に無能という訳ではなく、部長以上は「文系の昭和脳」が多い。

文系の昭和脳」に若者が「不正対策」を説明しても理解なんてできない。
「そんなものが必要か?」とエライ人が言えば、忖度するのでそれ以上は言えない。

時計の針が20年前から止まっている「メールが何とか使える程度の50代」が多いのだ。
そういう「文系の昭和脳」が部長クラスの殆どを占めるので、こういう悲惨な事になる。
文系の昭和脳」が引退するまで、あと15年は掛かるハズだ・・・



「創業期の写真」で解るアマゾンの凄み。アマゾンの象徴 「ドアデスク」とは?


ツイッターで「アマゾン創業期の写真」が話題になっていた。
多くの人は「始めは皆、こんなショボいから、俺達だってチャンスはある!」
と感じるようだが、自分は逆に「アマゾンの凄み・非凡さ」を感じる。


写真に写っているのは、アマゾン伝統の「ドアデスク」だ。
ドア用の合板をホームセンターで買って自分たちで作った机で、質実剛健そのもの。
この「ドアデスク」こそ、アマゾンの象徴になっている。
優れたアイデアには「ドアデスク賞」が贈られるほどだ。


創業者のジェフ・ベゾスは、 成功後も1996年式のホンダ・アコードに乗り続け、
「この車は非の打ちどころのない、良い車だ」と語っている。
つまり、彼にとっては、安くて壊れにくい「ドアデスク」や「日本車」こそが最高なのだ!




アマゾン本社へ行ってみた(上)

アマゾンは一見ショボく見えてても、決して普通のベンチャー企業ではなかった訳。
成功するベンチャー企業は、それぞれ非凡な部分を持っている。


「アマゾンの創業期がこんなにショボいなら、オレたちでも成功できそうだ!」
と考えるのは凡人の考えだ。
大衆迎合して成功出来るなら、忖度が得意な日本企業は成功しまくっているハズだ。


欧米中と違って、日本のベンチャー企業が世界的規模になれないのも、
空気を読むのが正義と思い込んでいるので「突き抜けた個性がない」せいだろう。

日本のベンチャーの殆どは、「海外のベンチャーの猿マネ」をしているだけだ。
結局、ニセモノはホンモノには勝てないので消えていく。

reading-925589_640
プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで