おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

年収1100万円+資産7000万円+年金30万円なのに貧困老人へ!

img_0194
年金30万円の父が「老人ホームの請求額」に絶句。死を望み・・・

Aさんは80歳男性。大学卒業後、電力会社で60歳まで働いた。
会社員時代は年収1100万円で、退職時に7000万円の資産があった。

年金額は、Aさんの厚生年金が月25万円、妻の国民年金が月5万円で、
合計すると月30万円も貰えるので安泰だった。



しかし、住んでいた郊外の一戸建ては、やや不便に感じ、
退職直後に、3LDKの新築マンションを4000万円で購入してしまった。
一戸建ては売ったが、築30年だったので200万円にしかならなかった。

引っ越して数年後に奥さんが認知症になり、老人ホームに入れたが、
一時入居金が2000万円で、資産はほぼ底をついたしまった。

さらに、月17万円の費用が掛かる。
年金は月30万円なので、月13万円しか残らない。



「住む場所はあるから、月13万円あれば暮らせるだろう」
と甘く見ていた。

ところが、マンションは管理費修繕積立金を毎月払う必要があり、
さらに税金や医療保険料の支払いもある。
また、奥さんのおむつ代や医療費が、追加で月3万円ほど必要だった。

さらに、Aさん自身も70歳を過ぎた頃、脊柱管狭窄症になり、
月9000円ほどの医療費が掛かるようになった。



こうなると、生活費は月8万円以下になり暮らせないので、
やがて消費者金融から200万円以上を借りるようになった。

結局、Aさんはマンションを売り払い、アパートに引っ越した。
都会のマンションで暮らせたのは、たった3年だった。

購入時の価格は4000万円なのに、売却時は半額の2000万円。
この金で借金を返済し、残った金で細々と生きていくと言う。



年収1100円で持ち家を保有するエリート会社員が、
7000万円貯めても貧困老人になってしまった訳。

最大の原因は、新築マンションを買ってしまった事だろう。
日本は不動産神話が残っていて、持ち家を欲しがる人が多い。
新築信仰もあるので、新築で買って数年で売ると大損する。

マンションは管理費修繕積立金を毎月払う必要があるので、
賃貸と大して変わらないのだ。

人口が減っていく日本で不動産を長期保有するのは愚策だ。
賃貸ならリスクが小さく、
家族構成が変わっても柔軟に対応できるのに・・・



金融リテラシーがない人は、1億円貯めても老後破綻する。
年収1000万円以上の勝ち組サラリーマンが、
真面目に貯金しても、金融リテラシーがないと破綻する!


2025年東京不動産大暴落 (イースト新書)
榊淳司
イースト・プレス
2017-08-10

高配当、バリュー投資はなぜ惨敗したのか?  神話を信じるな!


報われぬバリュー投資 米ゼロ金利長期化で復権遠のく
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HD2_R10C20A6000000/

最近は、バリュー投資という言葉をめっきり聞かなくなった。
大不況になったのにも関わらず、
高配当株もバリュー株も、成績が振るわないせいだろう。



この10年で自分は決算書を深く読まなくなった。
実は、決算はかなりの誤魔化しが効く。

1日数時間も決算書を読むバフェットですら、
2014年に持ち株だった小売世界第2位の英テスコ粉飾を見抜けなかった。
会計士など数字に強い人が、投資成績が良い訳でもない。



今は「歴史の転換点」だと感じている。
この10年でスマホが普及し、生活や意識が激変した。

激変の時代になって、
決算の数字をばかりを盲信すると大損する事が多くなった。

バフェットが得意だった「決算書に基づく投資」は、
「過去10年で順調に成長しているから今後も伸びる」
という発想だが、激変の時代なので数年で経営環境が変わってしまう。



高配当株だって、配当がいつまで続くかなど誰にも解らない。
「S&P500は今後も成長し続ける!」という神話も、
「長期停滞論」が本当なら、20年間くらいダメになるかもしれない。
実際、世界経済が日本化するという懸念は強くなっている。

ともかく、神話を信じてはいけないのだ!
常に自分の頭で考え、自分だけの結論を出すしかない。



投資初心者は儲かっているけど、いずれ相場の肥やしになるよ?

money_market_bubble_hajikeru
ベテラン苦戦、初心者増加 コロナ下の個人投資家
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60403650W0A610C2000000?s=5

日本でも米国でも投資ブームになっていて、投資を始める人が多い。
コロナ禍で暇になった人や、将来の不安を感じた人が投資を始めている。

株価は3月中旬に底値を付けた後に、ほぼ回復しているから、
最近始めた初心者が大儲けしている状態だ。



バフェットの格言を知らない市場の最新参入者
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/27584?page=1

名著「ウォール街のランダム・ウォーカー」
の著者、バートン・マルキール氏は、こう指摘する。

「新米のトレーダーは、リスクを気にせずに金を注ぎ込み、
バフェットの格言『波が引いた時に初めて誰が裸で泳いでいたか分かる』を知らない」

「ベテラン投資家は、経済の落ち込みを心配し非常に慎重だが、
最新参入者は恐れを知らず、いずれ大損するだろう」



「耳触りの良い儲け話」に飛びつく愚かな一般大衆は、
常に負け組になってきた。

大衆迎合していると大損してしまうので、
利益を得たいならば、常に少数派でいる必要がある。

ビシネスでもそうだが、
人と同じことをしていたら成功などできないのだ。

そもそも、投資で皆がハッピーになれる訳がない。
投資で利益を得るのは約2割で、約8割はカネを失う!
長期投資であっても、上手くいく人は半分もいない。




FX自動売買、6月の利益は82万円、今年は儲かりすぎて怖い!

money_toushi_seikou
2018年7月から、リスクオフ方向に舵を切り、
ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

6月の月間利益は82万円で、この2年間で3番目に高かった。
2019年の6月は28万円だったので、前年比で2.9倍だ!

<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
       8月 64万円
       9月 70万円
       10月 99万円 <ここで退職を決めたw
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
       2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
       3月 42万円 
       4月 24万円 < (´Д`;)
       5月 38万円
       6月 28万円 < (つД`)
       7月 32万円 <  (゚д゚)、ペッ
       8月 48万円 
       9月 36万円
       10月 29万円 < (*゚Д゚)  
      11月 20万円 < (゚⊿゚)シラネ
      12月 18万円    < (*´Д`)
  2020年1月  30万円 < (´・д・`)マター 
       2月 48万円
      3月 281万円 <コレには驚いた!
     4月 71万円
     5月 45万円
     6月 82万円

2018年の利益は合計624万円。
2019年は合計406万円だったが、
2020年は1~6月だけで557万円の利益が出た!

年利5~15%を想定してきたけど、
今年は15%を超えるかもしれない。

2019年は相場が動かず最悪だったが、
2020年は非常に相場が良い。
結局は、相場次第なのだ。



「リピート系FXとは何か?比較のポイント」
https://zuuonline.com/archives/217469

最近はFX参入者が多くなっているけど、
裁量取引で勝てる人は、約2割で8割は負ける。
特に、「損切りができない初心者」は絶好のカモになる。

自分もトレードが下手で、裁量取引では儲けられない。
だから、トレードを捨てて、
リピート系FXで資産運用をしている。

自分の特性を知る事がとても大事だ。
トレードが下手でも、やりようはあるのだ。


タバコ銘柄は本当に有望? 日本人が見ていない不都合な事実


アイコスの「フィリップ・モリス」は、なぜ「嘘」を繰り返す?
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200626-00185035/

海外の研究機関が、アイコスの隠された有害性を指摘し始めた。
日本のマスゴミは殆ど取り上げないが・・・

アイコスなどの加熱式タバコは、ほぼ日本でしか売れない。
それは日本は、規制や広告表示法が甘い上に、
遵法精神が乏しいからだ。
つまり、日本では「違法なイメージ戦略」がやりやすいのだ。



米国で電子タバコによる死者急増、背後に潜む様々な社会問題
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakamegumi/20191115-00150973/

海外では加熱式ではなく、電子タバコがクチコミで流行っていたが、
2019年に死者が出て、多くの地域で禁止された。



日本はタバコ株に投資する人が多いが、
その原因は、海外事情に疎い事に加えて、
高配当株が異常に好きな事だろう。

「過去数十年も増配しているから」
という安易な投資判断は上手く行かない。

将来性がないから株価が下がって配当率が高くなり、
配当しか取り柄がないので、ムリに増配を続けている。

今は高配当でも、来年以降も続く保証などないし、
株価が下がり続ければ、元も子もないのだ!



「タバコがもうダメだから、新型タバコへ」
という戦略は上手く行かない。
なぜなら、有害物質を入れて中毒にしないと儲からないからだ!

昔と今は状況が全く違う。
昔はマスコミが報じなければ大衆は無知なままだったが、
今はネットで情報が拡散する。

日本は色々と特殊な国なので、
日本でボーっとしていると感覚が狂い、判断を誤ってしまう。
だから、常にアンテナを立てて修正しないといけない。


7~20万円のランドセルを買う奴は大体養分。ここで差が出る!

ランドセルが高級化・ブランド化
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200115/k10012246851000.html
 
この10年くらいでランドセルが高級化しており、
「最低でも7~8万円のランドセルじゃないと恥ずかしい!」
という見栄っ張りな親が多い。

中には20万円のランドセルもある。
少子化しているのに、ドル箱になっており、
海外ブランドがランドセルを売り出しているほどだ。



ニトリのランドセルは1.8万円で6年保証付き
https://www.nitori-net.jp/ec/product/8097123/

状態の良い中古ランドセルなら、メルカリなどで4000円で買えるし、
ニトリは1.8万円の新品を6年保証で売っている。

つまり、上手な買い物をする事で「数万円の差」が出る訳だ!
安く済ませてパソコンを買い与える事が可能になる。





IT社長やエンジニアは、小中学生からパソコンをイジっている。
中国では小学校からプログラミング言語:Pythonを教えている。

日本の親は、高額なランドセルや、
有害なスマホをホイホイ与えるクセに、パソコンは与えない。

ようやく日本でもプログラミング教育も始まったが低レベルだ。
教育にもパソコンは必要なのに、子供の事を考えない人が多い。



最近の日本の若者はパソコン離れしていて、企業は困っている。
大卒を雇ってもキーボードを打てないし、
メールすら使えない事がザラにある。

丁寧に教えても、スマホ認知症なのか学習能力が低い。
そんな人材はリモートワークなんて出来ないから、採用されなくなる。
今やパソコンに慣れ親しむ事は、必須の素養なのだ。


本当の中国の失業率は20.5%? アナリストは楽観論だが?

kubi_kaiko_risutora_man
中国が景気後退入り? 鈍い回復ペースで悲観と楽観の見方交錯
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200629/mcb2006290710001-n1.htm

中国のGDPは1~3月期に前年同期比-6.8%と、記録的なマイナス成長だった。
4~6月期分は7/16に発表されるが、2四半期連続のマイナスなら、
リセッション入りと判定される。

3304社を聞き取りした調査「中国版ベージュブック」
によると、4~6月期は前期からは若干改善したが、
製造業の利益、設備投資、小売売上高など主要指標は
歴史的な低水準のままだった。

しかし、ブルームバーグによるエコノミスト調査では楽観論が優勢で、
中国経済の先行きに対する見方が真逆なのだ。



実際には失業率20.5%? 中国の失業者増大は防げるのか
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200609/mcb2006090500002-n1.htm

中国の中泰証券の所長が「ウィーチャット」の公式アカウントで、
第1四半期に増えた失業者数は、既に7000万人を超えるとの推定した。
その多くは農民工で、当局発表では失業率は6%前後だが、
実際には20.5%に達していると指摘した。
しかしその後、この文章は削除され、この所長は更迭されてしまった。



「世界の工場」に広がる失業の波

「世界の工場」と言われる中国南部、広東省では、
農村出身の「農民工」が、失業し故郷に帰る逆流が発生。
「工場譲ります!」という紙が大量に貼られている。

ある工場主はこう言う。
「例年に比べ、仕事量が3割以上減り、仕立て代も2・3割安くなった。
家賃は下げてくれないし、工場の引き取り手がない。
買い手が見つかり次第、子どもの待つ故郷に帰る」



現実とエコノミストの認識のギャップが大きい。
このギャップが是正される時に、
一気に現実に引き戻され、市場に衝撃が走る気がする。
悲観論に傾いて暴落するかもしれない。


「日本にいながら8割引でMBA留学」オンライン授業で世界が変わる!

virus_manin_train
「東京にいながら8割引でMBA留学」オンライン授業の最新事情
https://president.jp/articles/-/36477

日本は変化が遅いが、米中は状況が激変している。
景気後退を見据え、「オンライン授業」を導入して、
授業料を減らし、学生数を増やす大学も出てきた。



ニューヨーク大学アートスクールの演劇コースでは、
バーチャル・リアリティを使った遠隔授業を行っている。

スタンフォード大学では、
遠隔で楽器を演奏できる専用ソフトを授業に取り入れて、
最終的には、「合同コンサート」を目指している。

ジョージア工科大学は、コンピューター科学の
オンライン授業の修士課程を2014年に開講した。
対面方式の授業料の6分の1の約75万円で修士が取得できるので、
学生数が国内で最大規模に成長した。



イリノイ大学は、オンラインでのMBA課程を2016年に始めた。
過程終了までの2年間の授業料は、たった約240万円で済む。
当初300人だった学生数は3年後に2600人にまで達し、
大学側は「全てオンライン授業に切り換える」と発表した。

通常のビジネススクールでMBAを取ると、2年間で約1200万円だが、
イリノイ大学のオンライン授業なら約240万円で済む。
オンラインなら2割の授業料で済む訳だ!



アメリカの「オンライン大学・コース」3選
https://www.benesse-glc.com/special/global/2077

授業料だけではなく、引っ越さなくて済むから、
自宅から低コストで学べる。
高額な奨学金を借りたり、返済に苦労する事もなくなる。
通学時間も要らないし、食事や治安を気にする必要もない。



リモートワークが急速に広まっているが、
オンライン授業も追従するだろう。

わざわざ引っ越して通勤・通学するなんて、時代遅れだし、
オンライン授業なら学生数も10倍に増やせるから、
「海外の大学に通った」という希少性も薄くなるだろう。


急進左翼が作った「自治区」の 住民らが市政府を提訴!コレが現実!



黒人差別が発端となったけど、
暴れまわっているのは急進左翼(左派白人)で、
黒人はダシに使われている状態だ。

しかし、日本のマスゴミはそれを報じない。
NHKは「暴動は貧しい黒人のせいだ」と解説をして炎上した。





実は、日本は戦後広まった「白人信仰」が異常に強い。
「欧米に行けば勝ち組」と海外移住したがる人も多い。

白人の子供を産みたい!」
白人と一緒に働くのが夢」とキラキラした夢を語る。
それは肌の色で判断している訳で、明らかに人種差別だ。



キラキラ系の日本人が米国で就職して、
「俺たちは勝ち組、ウェーイ!」とマウントを取っていたけど、
いきなりレイオフされて「こんなハズが!」と驚いていた。

TOEICで950点以上を取る人も、聞き取れない事は多々あり、
ネイティブ並には話せない。

言葉の壁+国籍の壁+肌の色の壁、が立ちはだかり、
コネもないので再就職は容易ではない。

コロナ不況は世界恐慌並なので、そもそも職が激減している。
米国籍でないから、米国政府から支援金を貰えない。
海外移住はハンデキャップが多く、不況で詰むのだ・・・



白人に憧れる気持ちは解るけど、
苦労して「名誉白人」になっても、白人には一生なれない!
一生、マイノリティのアジア人として生きる事になる訳。

「日本はスゴイ!」とか「欧米はスゴイ!」と決めつけるのは思考停止だ。
どの国でも、良い所悪い所があるから、両方見なくてはいけない。


バフェ●ト太郎は投資は下手だが、炎上マーケティングの天才だ!


バフェ●ト太郎は詐欺師なの? 評判が悪い理由
https://1nukepi.com/buffet-taro-001#i

バフェ●ト太郎は、5ちゃんでブログ誘導していた時期があり、
5ちゃん内では、性格や文体からアダストリア株を買って大損した
「まつうらじゅん」と同一人物だと言われている。



・まつうらじゅんの名前でブログを開始し、アダストリア株に集中投資。
・アダストリアの株価が暴落して、資産の40%を失う。
・真似してアダストリア株を買ったブログ読者から批判されブログが炎上。
・まつうらじゅんはブログを閉じてトンズラ。
・数ヶ月後にバフェ●ト太郎という名で、ブログを再開。
・一銘柄集中で失敗したので、ディフェンシブ&高配当銘柄に10銘柄に分散投資。
「バフェ●ト太郎の秘密の10種」と命名。
市場平均に一度も勝つことはなく、読者から不信感を買う。



「まつうらじゅん説」が本当かどうかは、確かめようがないが、
バフェ●ト太郎は市場平均に負け続けており、投資が下手なのは事実だ。

投資は下手だが、投資ブログでアフェリエイトへ誘導し、
大儲けしているのだからスゴイ才能だ!

炎上マーケティングで継続的に成功しているのは彼くらいだ。
彼はアンチを意図的に作り出して稼いでいるのだ。



PVを稼ぎ、アフェリエイトでボロ儲けをするには、
「マス層=レベルの低い情弱」を狙うしかない。

投資が上手い人は独自目線を持っている。
しかし、独自目線を持っているとマス層には受けない。

つまり、投資が上手い人は、凡人が嫌う事をやるので、
凡人受けせず、ブロガー・アフェリエイターには向かない訳。



投資で稼げる人は、投資で稼げば良いし、
投資が下手な人は、別の手段で稼げば良いのだ。

目的は資産形成なので、
炎上マーケティングで稼いでも、なんの問題もないだろう。

投資初心者が耳触りの良い「低レベルな発信者」に引き寄せられるのは、
「いつもの光景」であり、誰しもが通る道なのだ。


プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで
記事検索