おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

早期リタイア後の生活 正直な感想

beach-1868047_640

「早期リタイアしたら、ヒマ過ぎてツライのではないか?」
そういう懸念は多少あったけど、やってみたら全然そんなことはなかった。

12/21から会社に行かなくなって、6週間ほど経過したが、毎日が充実している。
仕事がないからラクだし、今はネットなどがあるので飽きることもない

ユーチューブ、アマゾンプライムビデオ、図書館などで、
投資、歴史、映画、ダイエットなど、興味がある動画・書籍をひたすら見ることが出来る。




朝は起きたい時に起きて、1分で為替とダウのチェック。
30分でブログを書いて、投資系のユーチューブなどを見る。

10時頃にジムに行って、新聞を読み、マッサージチェアを使い、風呂・サウナに入る。
運動するのは週一回くらい。 ジム代はデイ会員なので月6700円くらい。

午後は家で昼飯を食べてから、散歩を兼ねて、歩いて買い出し or 図書館に行く。
運動は重要だし、日光を浴びないとよく眠れないので、散歩は欠かせない。

夜は20~21時位に寝たくなったら寝てしまう。 そして、寝たいだけ寝る




会社員時代は気力・体力・時間を消耗し、平日は1日2時間位しか自由時間がなかった。
今は暇さえあれば、動画・ブログ・ツイッター・書籍を見ているので、
インプット量が会社員時代の3倍に増えた。

「会社員としての給料と身分」は失ったけど、投資家としての成長は早まったと思う。
そして何より健康になった。  (σ´∀`)σ 

社会問題化する「引越し難民」 これが日本の現実 

omoi_businessman
「引っ越し難民」増加か ヤマト子会社引き受け停止や人手不足で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000008-mai-soci

ヤマトの引越し子会社が、料金過大請求問題で国土交通省の行政処分を受け、
引越しの引き受けを停止した。
人手不足で他の業者も大量の受注は困難な情勢で、
国交省は利用者に引越し時期を分散するよう異例の呼びかけを行っている。



「引越し難民」は2018年に急増し、社会問題となった。
引っ越し業界は重労働のイメージが強く、慢性的な人手不足に直面。
人手確保のため、引越し業界は受注抑制に取り組んだ結果、「引越し難民」が急増した。

業者は、法人契約を優先させるため、個人客が契約できないケースが多い。
引越し料金も上昇しており、昨年は国民生活センターに料金を巡る相談が相次いだ。



「引越し難民」は、日本の構造的な問題なので、今後20年くらい続くと思う。
「引越し難民」だけでなく、日本企業は人が集まらず、業務縮小を余儀なくされている。
労働人口が激減しているのに、日本は「移民や自動化」に消極的だからだ。

「移民はイヤだ!」「機械に仕事を奪われる!」というヒステリックな日本人が多いが、
現実問題として、「移民や自動化」を進めないと社会が回らなくなる。
結果として、政府は「なし崩し的に」外国人研修生を増やしている。(事実上の移民だが・・・)

「移民はイヤだから、全力で自動化しよう!」という話になれば良いのだが、
日本は「移民も自動化もイカン!」というヒステリックな人が多く、後手後手に回っている。

やはり、マンションが値崩れし始めた! 予想どうりの展開

money_market_bubble_hajikeru
不動産売買に急ブレーキ 昨年下期、取引額34%減   海外勢が高値警戒 
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40533640W9A120C1MM8000/

この数年間、好調だった日本国内の不動産売買だが、
2018年7~12月の取引額は、前年同期比で34%減だった。



マンション値崩れ「不動産2019年問題」 カラクリに“中国人”
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01231658/?all=1&page=1

中国人が不動産の“爆買い”を本格的に始めたのは2013年で、
5年経った2019年からは税率が半分になる。
その時点で中国人がマンションを売却し、値崩れが起こると予想されていた。



中国人が米不動産を「投げ売り」 米中関係の緊張が原因か―米紙
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4766795

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、
「2018年、中国人投資家の米国における商業不動産の購入純額は2012年以来の最低水準となり、
代わりに不動産を売却する動きが増えている」と伝えた。




「日本のマンションバブルは、中国人の売りで2019年前後に弾ける」と言われていたが、
2018年から、世界中で中国人が不動産を手放している。

米中新冷戦のせいだ」という声もあるが、中国の景気減速によるものだと考えている。
なぜなら、高騰してきた中国の不動産価格も、1年前から下がっているからだ。



中国不動産市場に「異変」、売りたくても買い手見つからない!
「北京市では、すでに1年以上も不動産価格が下落し続けている」
https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20190130_00037/




日本電産が「尋常ではない変化」と言うほどの激変が中国で起こっている。
いや、中国だけでなく世界中で不景気の足音が聞こえている・・・
簡単に言えば、「リーマンショック2みたいな状況になる」と自分は考えている。

特に、日本は10月に消費増税が予定されており、悲惨なことになりそう・・・
就職や転職するなら早いほうが良いし、生活防衛に努めるべきだ。   (`・ω・´)キリ

1月のFXループイフダン報告! FXは風向きを読む事が重要

kyuryou_bonus_man2
2016年11月からアイネット証券のループイフダンで稼いでいて、
2018年7月からは、ユーロ円S10 と ユーロドルS10 で運用している。
1月の月間利益は58万円だった・・・少し物足りない気がするけど、まあ良いか。

<月間利益:売買利益+スワップ>
   7月  75万円
   8月  64万円
   9月  70万円
   10月 99万円
   11月 58万円
   12月 53万円
    1月  58万円



ループイフダンの目安資金表 アイネット証券

自分の実際の利益率は年15%ほどだが、目安資金表で変動幅を20円として、
年10%程度の利益率を目指すと、安心して運用できると思う。
(欲を出して高い利益率を求めると、長期運用ではロスカットに追い込まれる)



アイネット証券のループ・イフダンは、設定が簡単で、基本放置でOKだが、
「リスクオン・リスクオフの見極め」は、しっかりやっておくべき。
リスク許容度風向きを間違わなければ、安定してた利益が見込める。

「誰でもラクに稼げる」というウマイ話はない。
自分は、毎日ネットで情報収集して、自分で考え、風向きを確認している。
「ネットサーフィンしてるだけ」なのでラクだけど、これが出来る人は意外に少ない。


西山孝四郎さんの番組を毎週見て、自分で良く考えれば、風向きは解るケドね!

日本は大不況時代に入った! 株は買い時ではない!

-6-638
庶民の味方・QBハウス、値上げ  客数激減の「鳥貴族」化の懸念?
https://biz-journal.jp/2019/01/post_26469.html

QBハウスは、本日2月1日から全店舗で価格を改定し、
1080円→1200円(どちらも税込)に値上げした。



ファミマから無印良品が消え、PB商品に入れ替わった!
http://news.livedoor.com/article/detail/15946907/

ファミリーマートでの無印良品の販売終了が発表された。
この取扱い終了は、ファミマ側からの申し入れによるものだ。




日本でも米国でも、「40代前半の世代人口が景気を左右する」と言われている。
人口ピラミッドを見れば解るが、日本は40代前半の世代人口が激減期に入っている。
マスコミは取り上げないケド、「日本は大不況時代に入っている」というワケ!


株主価値の増加は、1株あたり利益:EPSがどれだけ成長するかで決まる。【バフェット】


日本の市場規模が激減する中でも、企業は利益成長を求められる。
その対応策としては・・・
  ①値上げ(QBハウス、鳥貴族)
  ②他社に任せていた分野を奪う。(ファミマ)
  ③他業種の市場を奪う。
   (セブンイレブンはコーヒーやドーナツ、ニトリは家電を売り始めた) 
  ④事業縮小(シダックスはカラオケ事業から撤退)
  ⑤海外展開(多くの日本企業は海外で失敗している)

しかし、「日本は市場が縮小し続ける」ので勝者はいません。
日本で有望なのは、海外展開で成功してる企業や、インバウント需要を狙える企業くらいです。
しかし、日本企業は海外での失敗が非常に多く、インバウントは世界不況には弱い・・・

縮小する日本に投資しても勝ち目は薄いので、海外企業に目を向けるべきでしょう。
しかし、不景気入りが見えており、今は買い時ではないので、日本円で貯金すべきです。

自衛隊でパワハラ自殺 2回も退職の意思を伝えても無視

syachiku
海自艦での自殺「パワハラ」認定 当時の艦長ら停職処分
https://www.asahi.com/articles/ASM1Y4JPDM1YUTIL01J.html

補給艦「ときわ」で男性3等海尉(当時32)が自殺した。
繰り返し暴行され、怒声を浴びせられて、「自衛隊を辞める」と2回も申し入れたのに、
「自分で考えろ!」と怒鳴られて自殺に追い込まれた。



自衛隊はイジメが横行しており、年間70~100人程度が自殺に追い込まれている。
今回は、2回も退職の意思を伝えたのにガン無視されて、自殺に追い込まれた。
ハッキリ言って、これは殺人だろう?

自分も先月、2回も退職の意思を伝えたが、ガン無視された。
「退職届け」を握り潰されたので、人事部に直接相談してようやく辞められた。
上司は「退職者が出ると自分の評価が落ちる」から、退職を妨害するワケ。
これは明らかな違法行為だが、日本の組織は遵法意識が希薄なのだ。


海自は、艦長の2等海佐(54)を停職30日
上官の男性3等海佐(40代)と男性1等海尉(40代)を停職20日の懲戒処分とした。
今回の処分内容について「停職6日程度とする通常のパワハラより重い処分とした」という。

おいおい・・・「パワハラより少し重い処分」の良いのか?
人を自殺に追い込んで、停職20日で済むなんてオカシイでしょ?




50代でも予備自衛官に…自衛隊、止まらぬ「高齢化」 平均年齢は米陸軍より7歳上
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58170

世界一高齢の軍隊」といわれる自衛隊だが、採用年齢を28年ぶりに引き上げた。
若者の入隊希望者が減って深刻な人員不足になっていて、現場隊員の充足率は7割しかない。
10人の青年がやるハズの作戦行動を、7人の中年がやることになる。

「弱者をイジメ殺す体質」は何十年経っても全く変わらないので、
募集しやすい予備自衛官ですら、50代を採用するハメになっている。
もし戦争になったら、50代のオッサンが兵隊として戦場を駆け抜ける・・・ムリでしょ?




日本の組織は、イジメ・パワハラ・セクハラ・過労死・過労自殺が、余りに多すぎる!
「責任者が責任を取らず、すべてのシワ寄せが弱者に来る」という体育会系のノリなのだ。

20年以上日本社会を見てきたが、改善するどころか、どんどん酷くなっている。  (-_-;)y-~ 
このブラック体質を変えるには、皆がネットなどで声を上げていくしかない!

戦後最長の景気拡大なのに「実質賃金はマイナス」

binbou_family (1)
“実感なき”景気拡大 戦後最長 統計不正は影響なし
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190129-00000123-jnn-bus_all

1/29、政府は景気回復期間が6年2か月となり「戦後最長になった可能性が高い」と発表。
就業者数はバブル期並みに増加。企業収益は過去最高になったと、政府は胸を張っている。



「景気が拡大して企業業績が良い」と言うが、庶民の生活は確実に苦しくなっている。
非正規が増え、賃金は殆ど上がらず、税金、公共料金、衣類、食費などは徐々に上がっている。

牛丼屋なども、かなりの値上げをしたので、自分は外食を控えて節約するようになった。
「投資家は見栄を張らずに、時代を肌感覚で味わった方が良い」と考えているからだ。




自民党の議員は「実質賃金マイナス」を知らなかった!
https://www.nippon-num.com/economy/actual-income.html

原口一博議員は「知り合いの自民党の議員に『実質賃金はマイナスになっている』と教えたら、
その自民党議員は『えっ?』と驚いた」と明かした。



最近の国会議員は、「実質賃金がマイナス」であることも知らない。
議員が重要な統計を見ていないのだが、そもそも、統計自体にインチキが横行している。

つまり、「日本の人材レベルが落ちている」ので「実質賃金マイナス」の議論も難しい。
「組織は上から腐る」ので、まず国会議員や官僚の人材レベルが落ちるワケ。
まあそれでも、民主党政権より安倍政権のほうがずっとマトモなのだが・・・

ちなみに、原口一博議員は、民主党政権で総務大臣だった時に、
「グーグル・アースで中国船を監視できるから、自衛艦にレーダーなんて要らない!」
と国会で主張した残念な人物である・・・   (ノ∀`)アチャー

キャタピラーとエヌビディアが下方修正 中国の景気悪化が鮮明に!

money_market_bubble_hajikeru
米国株、反落しダウ300ドル超安 キャタピラーとエヌビディア急落
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LANY01_28012019000000/
エヌビディアが売上高予想を下方修正、中国の景気悪化指摘-株価急落
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-28/PM1S4P6JTSEC01

建機のキャタピラーは、10~12月期の1株利益が市場予想を下回り、
2019年12月期通期の1株利益見通も、市場予想に届かなかった。

エヌビディアは、2018年11月~19年1月期の売上高見通しを下方修正し、
他の半導体企業の株価も下落している。
両社とも中国の需要低迷が業績の重荷になっており、世界景気の減速が改めて意識されている。




【1/22 日経新聞1面】 中国経済が急変、関連銘柄の株価は織り込み済み
http://web.fisco.jp/FiscoPFApl/ThemeDetailWeb?thmId=0010320020190122002&token=

「中国の景気悪化は折込済みだから、もう株価は下がらない!」
という記事やアナリストが多かったが、やはり下がる。




証券会社は株を売りたいし、新聞やテレビはスポンサーに気を使って、
耳障りの良いことを言う傾向が強い。
だから、証券会社や新聞やテレビの言う楽観論を信じると、必ず損をする。

不景気は定期的に来て、「株価はもう下がらない!」と言われながら、ダラダラ下落する。
「中国の景気悪化は、米国経済には殆ど影響しない!」と断言する専門家もいるが、
実際は影響が非常に大きい。

今週は決算発表が多いので、大きな波乱があるかも!  (´・ω・`)

ダイエットと食費節約の同時進行、健康的に節約して投資に廻そう!

diet_after_man
出社しなくなって5週間経ったが、少し太ってしまった・・・・ 73→76キロ
健康管理は絶対必要で、多少は経済的不安があるので、経済的限界を試したい。
だから、「ダイエットと食費節約の同時進行」を始めた。



朝:コーヒー+サプリ(マルチビタミン、フィッシュオイル)
昼:食パン2枚をトーストし、オリーブオイルを掛ける。
夕:インスタント麺
 (間食に、タンパク質補助としてヨーグルト、繊維補助としてキンピラゴボウ、ピーナッツ)

食パン(6枚切):67円(税込72円)  2枚食べて>1食24円 326㌔カロリー  
インスタント麺(5食):137円(税込147円)  >1食30円 380㌔カロリー
(どちらも業務スーパーが一番安かった)



少し空腹にしたほうが体に良いので、午前中は食べないルールにした。
1日、約1000㌔カロリーで300円以内に抑えられていると思う。

この一週間で1キロくらい痩せて食費は月1万円のペースになった。
以前は、食費に月4万円くらい掛けていたが・・・月3万円も節約できた!
つまり、月3万円、年36万円も再投資に廻せるワケ。

ダイエットと食費節約を両方同時にやるのは一石二鳥で、オススメです!

ビットコイン採掘、もはや採算とれず、撤退が相次ぐ。

bubble_houkai
ビットコイン採掘、世界の大半でもはや採算とれずーJPモルガン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-25/PLW4TK6VDKHV01?utm_source=yjp&utm_medium=bd&utm_campaign=yjp

1ビットコインを生み出すための全世界の加重平均コストは、
昨年10-12月には、約44万6000円前後だったようだ。

ビットコイン価格は現在、39万円を下回る水準で取引されており、
電力の安い中国以外では、もはや「採算割れで、大赤字状態」になってる。

中国のマイナー(採掘者)は、アルミ製錬業者などから余剰電力を安く買って、
1ビットコイン当たりの費用を26万円前後に抑える事ができる。
(しかし、中国政府の締め付けが厳しいらしく、採掘シェアは6割まで落ちた)




GMOに続きDMMもマイニング事業から撤退!
https://coinotaku.com/news/articles/28601

GMOに続きDMMも、マイニング事業から撤退を決めた。
DMMの子会社の仮想通貨取引アプリ「cointap(コインタップ)」のリリースも中止になった。

半導体を製造しているエヌビディアは、「マイニング向け半導体の需要が消えた」と発表。
世界最大のマイニング機器メーカーのBitmainは、大量解雇に踏切り、
アメリカの大手マイニング業者のGiga Watt社は、11月19日に破産申請





そもそも、ビットコイン自体が、「決済手段」としては急速に使われなくなっている。
あとは、「投機商品」としての価値しかないが、価格が暴落したので、それも崩壊した。
失敗しそうな気はしたが、ここまでの惨状は1年半前には想像していなかった・・・

いま重要なのは撤退戦
で、「速やかに撤退できる企業」は傷を広げずに済む。
しかし、巨額の投資をしているせいで、「撤退したくとも出来ない企業」がかなりあるハズ。
プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで
記事検索