money_syakkin_toritate
【社説】静かに崩壊する韓国の市民経済
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/19/2019021980011.html
韓国の金融委員会は生活が苦しい基礎生活受給者(生活保護受給者に相当)、高齢者、長期の債務延滞者について、債務の元金を減免する対策を発表した。
金融機関への債務の元金を最大で95%減免する内容だ。貧困層の所得を増やし、経済成長につなげることを掲げる政府だが、低所得世帯の経済が崩壊したことを受け、緊急支援に乗り出す格好だ。「モラルハザードを助長しかねない」とする批判があるにもかかわらず、長期の債務延滞者について、最大で1人当たり1500万ウォン(約147万円)まで元金を免除するという徳政令を強行した。

政府がなりふり構わずに全面的に借金の減免に乗り出したのは、それほど市民経済の崩壊が深刻であることを物語っている。

 最低賃金を2年間で29%も引き上げたことで、庶民層の雇用である臨時職、日雇いの働き口が19万5000人分も消えた。台所が苦しくなった庶民が借金をしたことで、家計債務はさらに膨らんだ。貯蓄銀行などノンバンク(第2金融圏)から借金をして、年20%以上の高金利に苦しむ債務者が2200万人を超えた。国民2-3人に1人の割合で「危険な債務者」がいる計算だ。うち貸金業者にまで手を伸ばした人は412万人に達する。昨年廃業した零細自営業者は100万人に達し、自営業者の金融債務は文在寅(ムン・ジェイン)政権発足以降に14%増えた。
引用元:朝鮮日報

韓国では「年20%以上の高金利に苦しむ債務者」が2200万人を超えたそうだ。
韓国の人口は5100万人なので、乳児から高齢者まで含めた全人口の43%以上に当たる!
信じがたいが、成人の半数以上が高利の借金で苦しんでいることになる。

生産性を無視して最低賃金を2年間で29%も引き上げた結果、雇用が失われた。
国民の生活が苦しくなったから、今度は「徳政令で借金帳消しにする」という・・・
これではモラル・ハザードが起こって、「誰もがカネを借りまくる」ようになるだろう。




成人サイト遮断にアイドル外見規制 「検閲」とも批判される韓国政府の迷走ぶり
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20190223-00115655/

韓国政府は2月11日に「有害サイトへのアクセス遮断」を実施している。
サイトやテレビ番組への規制を強めているのだ。
そればかりか、アイドルの「外見規制」のガイドラインを発表して問題になっている。
似た顔のアイドルを禁止するという・・・・



ベネズエラも韓国も社会主義的な政策を行って、経済や文化がオカシクなってしまった。
社会主義者=究極の経済オンチ なので、歴史を振り返ると常に失敗している。
「計画経済」「平等」などと言えば聞こえは良いが、場当たり的なのである。 (´・ω・`)