dorei_kyousei_roudou
コンビニ24時間、見直し拒否で独禁法適用検討 公取委
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000006-asahi-soci

公正取引委員会は、コンビニの店主が24時間営業の見直しを求め、本部がこれを一方的に拒んで店主に不利益を与えた場合、独占禁止法の適用対象とする方向で検討に入った。

バイトらの人件費の上昇で店が赤字になる場合などに店主が営業時間の見直しを求め、本部が一方的に拒んだ場合には、独禁法が禁じている「優越的地位の乱用」にあたり得る、との文書をまとめた。



予想どおり、国が「24時間営業の見直し」に乗り出してきた。
「本来は民間で解決すべき事」だが、日本にはもうそんな問題解決能力がないのだ!

人手不足、人件費高騰、人口減少による売上減などで店舗が苦しくても、
本部は殆ど対策を考えずに、それどころか近隣に店舗を増やし続ける!



現実的に過労死や自殺が多いので、国が動かざるを得ない。 
日本企業は問題解決力を失い「国が動くケース」が増えて、社会主義国的になっている。
しかも、日銀やGPIFが株を買って大株主になっているので、事実上の国有化が進んでいる。

認めたくはないが、日本は人材も劣化しているし、コミュニティとしても腐ってきている。
屈辱的だが、「日本の劣化」を認めざるを得ない。
残念ながら、人材劣化+労働人口激減で「日本の劣化」は年々加速していくだろう・・・・