↑アマゾン  ↓楽天ブックス
非常識な成功法則新装版 お金と自由をもたらす8つの習慣 [ 神田昌典 ]
非常識な成功法則新装版 お金と自由をもたらす8つの習慣 [ 神田昌典 ]


この半年ほど、図書館で本を借りて週に1冊ほど読んでいるが、
この本は内容が素晴らしいので、図書館で借りた後に新装版を買ってしまった!
何度も読み返したい程の内容だったのだ。 そんな本は滅多に出会えないのだが。


この本は2002年に発売されて20万部も売れた為、2011年に新装版が出ている。
累計で50万部も売れている驚異的な本だ。
今でも人気があるので、おそらく数年後には、また改訂版が出ると思う。


著者の神田さんは、外務省の官僚を数年で辞めて、コンサル会社に入ったがリストラされて、
米国家電メーカーを経て、経営コンサルタントになった異色の経歴を持つ。
コンサル会社をリストラされて、コンサルで起業し成功したなので、非常に面白い。




一番のキモは、紙に「やりたくない事」と「やりたい事」を書くというメソッドだ。
以前読んだ「ブレインプログラミング」という本でも、「やりたい事」を書くという
メソッドがあったが、神田昌典さんの手法のほうが効率が良い。


神田さんは「やりたい事」だけを書くとその中に「やりたくない事」も混じってしまって、
潜在意識が混乱するという。
だから、まず「やりたくない事」を書くと良いと言う。




自分は2018年4月に「ブレインプログラミング」を読んで、紙に「早期リタイアしたい」
と書いたら、実際に2018年12月に早期リタイアして、今は楽しく悠々と暮らしている。
「紙に書くと実現していく」のは、不思議な体験だが、本当にあったのだ。


この「非常識な成功法則」は「ブレインプログラミング」よりさらに実践的だと考えている。
結局のところ、潜在意識を味方に付ければ、大抵のことは上手く行く。
この秘密は20代のときに知りたかった・・・  (´・ω・`)


自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング [ アラン・ピーズ ]