bubble_houkai
ドイツ銀行は破綻するのか? 不調の本当の原因はトレーディング部門
https://www.mag2.com/p/money/729929


ドイツ銀行は、リーマンショック後にトレーディング部門を急拡大して、大失敗している。
人件費が高いトレーディング部門の経費率は、95%にも達し、
直近4年間のうち3年が赤字で、株価は20年前の10分の1に沈んでいる。

モルガンスタンレーもゴールドマンサックスもトレーディング分野の見直しをしている。
クレディスイスもトレーディング部門を縮小して、顧客の資産運用に軸足を移した。

どこも、投資銀行(日本で言えば証券会社)のトレーディング部門を縮小して、
リスクのない「顧客の資産運用」に移行しているワケ・・・・





ドイツ銀行が抱えるリスク、デリバティブ契約は銀行平均の8.3倍
https://www.mag2.com/p/money/728414/9


ドイツ銀行は何度もリストラを繰り返しているが、全く懸念が拭えていない。
ドイツ銀行のデリバティブの契約額は、7,500兆円で、
資金に対する比率で比較すると、平均的な銀行の8.3倍もあるのだ。

ドイツ銀行は、債権の時価評価をすれば、実質的には自己資本比率8%を切っており、
債務超過に近い」とも言われている。



ドイツ銀行は、保険料を得る目的で発展途上国の企業のCDS(デリバティブ)を売っている。
不景気で発展途上国での破産が増えれば、CDSを売っているドイツ銀行が追い込まれるワケ。

CDSやCDOの面では、破綻したリーマンブラザーズやAIGと同じ構図と言われている。
2019年後半に不景気入りすれば、リーマンショックの再来になりかねない。

しかも、メルケル首相は、「ドイツ銀行が危機になっても国は救済しない」と明言している。
誰がどう見ても、ヤバイんだが・・・・