おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

2019年12月

「定年消滅時代」 40・50代のリストラが始まった!

rat_race_businessman
「定年消滅」時代、雇用の流動化にうまく対応するには?
https://www.j-cast.com/kaisha/2019/12/30376171.html?p=all

中原圭介さんが「定年消滅時代をどう生きるか」という良い本を書いてくれた。
自分は以前、「老後資金が貯まった人からリタイアするようになる」
年金で暮らせないから、定年など無意味になる」とブログに書いた。

政府は70歳定年を打ち出しているが、
2016年の健康寿命は、男性が72歳、女性が74歳なので、
動けなくなる直前まで働くことになる!

人生100時代なので、定年年齢はどんどん上がっていくだろう。
要するに、「カネがない人は死ぬまで働く」という事だ。



いよいよ40代・50代の「大量早期退職」が始まる!
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69374

日本はダラダラ延命する企業が多いが、
2018年に倒産した国内企業の平均寿命は、24年まで短縮した。
平均寿命が20年を割り込むのは時間の問題と言われている。

上場企業でも40年持つのは、1000社に3社しかない。
人生100時代なのに、企業の寿命は平均20年程度になるのだ。

中原圭介さんは、「スキルを3つ持て!」と唱えているが自分も賛成だ。
今後は人生で3回以上は転職するようになるだろう。



高齢法
で、「60歳以上は解雇出来ない仕組み」になっている。
だから、日本企業は40・50代で足切りするようになったワケ。

2018年から45歳リストラが増えているが、今後どんどん増えるだろう。
つまり、会社が順調であっても20年経てば切られるのだ・・・・



年末年始(12/31~1/4)はATMが使えない? まだATM行列してるの?

money_kakeibo_ase
年末年始にATMメンテナンス、取引金融機関以外のATMに制限
https://www.fnn.jp/posts/00049611HDK/201912271100_FNNjpeditorsroom_HDK

全国銀行協会は、年末年始にATMネットワークシステムのメンテを行う。
期間は、2019年12月31日(火)23時52分~2020年1月4日(土)3時50分。

期間中は、取引金融機関以外のATMでは現金の引出しや預入れができない。
しかし、取引金融機関のATMなら利用できるし、
ゆうちょやコンビニと提携している金融機関は、ゆうちょ銀行コンビニATMも利用可能。



日本は月末給料日前後にATM前に行列ができる。
給料や公共料金など振り込みにATMを使っている零細企業が多い。
ネットバンクを使えば数分で済むのに、
パソコン・スマホを使えないから、長時間掛けて毎月行列に並ぶ。

給料を受け取る側も、ネット銀行に口座を持っていれば、
コンビニATMで引き出せるのに、思考停止で毎月ATMに並ぶ。



日本は未だに現金決済の店が多いので、現金は必要だが、
大昔にようにATMに並ぶ必要はなくなっている。

人間は「今までやってきた事を変えたくない」という本能がある。
考えない人間は、同じことを続けたがる。
つまり、日本人は思考停止しているから、現金に拘り、ATMに並びたがるのだ。



多く考える人は党員には向かない。
なぜなら、党派などを突き抜けて考えてしまうからである。
【ニーチェ】

「自分で考えずに指示に従う」という性質は、長所でもあり短所でもある。
日本の高度成長期は、盲目的に動く日本人の性質が上手く作用した・・・



バフェット、受難の1年「株価が高すぎて買えない!」

money_yami_soshiki
投資の神様バフェット氏、受難の1年に 買収成就せず
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53866880X21C19A2000000/

ナスダック総合株価指数は史上初の9000台に乗せたが、
バフェット率いるバークシャー・ハザウェイは冴えない。

バークシャーの株価パフォーマンスは、
1965年から2018年までの年平均上昇率は20.5%で、
S&P500の9.7%(配当込み)の2倍以上だ。

しかし、2019年のS&Pの上昇率は30%を超えるのに、バークシャーは10%程度。
この10年間は時代の変化が激し過ぎて、S&Pに負け続けているのだが
今年の成績は「過去10年で最悪」となりそうだ。



苦戦の原因は、大型買収が価格高騰で成立しない事だ。
最近は買収ファンドとの競争が激しく、2016年以降は大型M&Aは出来ていない。
2019年2月に、バフェットは「株価が高すぎる!」と嘆いた。

11月にもIT製品の卸売りの米テック・データの買収に約5450億円を提示したが、
別の米ファンドが買収価格を引き上げ、バークシャーは競り負けた。



米国株、2020年に調整迎える確率50%-バンガードのデービス氏
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-23/Q2YYV4DWX2QI01

預かり資産612兆円の巨大運用機関バンガードのチーフエコノミストは、
「米国株が2020年に下落するリスクは通常よりも大きい、
経済が盛り返すと投資家は過信している」と指摘した。

「2020年に調整が起こる確率は50%」(通常は30%程度)
「投資家は今年、リセッションの可能性に関して過度に悲観的だったが、
来年には、過度に楽観的になる」

「全般的にリターンは、過去3年の実績を下回ると予想されている」
「市場は3%近い米経済成長率を織り込んでいるが、そこまで成長する可能性は低い」



今は中央銀行が官製相場で株価を支える「不景気の株高」なので、
来年の株価は、上がるか下がるか不透明だが・・・・
バフェットもエコノミストも、「今の株価は高すぎる!」という見解だ。


ニトリ会長の経済予測、2020年はダダ下がりの1年になる?

キャプチャ889
帝国データバンクの景気DI予想 ↑

ニトリ会長の経済予測、「大型投資は再来年以降」2019/12/27
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3867519.html

ニトリの似鳥昭雄会長の経済予測は、「よく当たる」と評判になっている。
12/27の決算会見で、2021年に世界的な不況が到来すると予想し、
「大型の投資は2021年以降にしていく」と表明した。

「2019年から2020年にかけては下り坂。一番は、2021年の大不況」
「2020年も株や為替が中だるみ状態で、ダラダラとした景気になる」
「2021年には世界的な不況が到来する」 との見方を示した。

2020年11月の米大統領選挙後に「米中貿易戦争が全面的になる」と話し、
「2021年は、1ドル=100円前後で推移していく」と予想した。



怖いほど当たる! ニトリ会長の経済予測2020
https://president.jp/articles/-/31888

ニトリ会長は、景気の先行指標として「新設住宅着工戸数」を見ている。
建築が増えると住関連商品などの消費も増え、景気に大きく影響する。

2008年のリーマンショックの時も、先行して動いていた。
2004年は約119万戸、2005年は約124万戸、2006年は約129万戸と推移して、
2007年に約106万戸と大きく減少していたのだ。



2018/12/27 株価予想「達人」ニトリ会長 「19年末は2万円前後」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39460260X21C18A2DTA000/
2019/5/18 「経済予測の達人」ニトリ会長が、不景気入りを予想 

2018年後半からニトリ会長は、景気減速を感じてこう予想した。
「米国は2019年から2020年に、経済成長率が低下し、日本も景気後退していく。
2021年から2022年がおそらく大底となり、そこから先も底這いに近い状況が続く」

予測どうり、日本の景気は落ち始めた。
日銀が株を買い支えているので株価予測はハズレたが、景気予測は当たった。



「2020年は落ち続ける1年」 になることは、ほぼ間違いないだろう。
さらに、ニトリ会長は「2021年に世界的な大不況がくる」と言い出した。

今は不景気の株高だが、2020年11月の米大統領選挙までは、
米国の株価は官製相場で維持される可能性が高い。
「2021年に株価が暴落し大不況のトリガーになる」という読みかな?


経済予測入門
中原 圭介
ダイヤモンド社
2016-09-19

今の日本は割とマシだが、世界景気はリーマン並に悪い!


世界経済、近づくリセッションの足音 英独崖っぷち、米中にも異変
https://forbesjapan.com/articles/detail/30973

日本のマスゴミは「景気は踊り場」とか「復調の兆し」とか言っているが、
IMFの予測では、2019年の世界経済の成長率は、3.0%
これは、2008年のリーマンショックと全く同じ数字だ!

比較的楽観的な傾向があるIMFが、この数字を出しているのだ。
今年はリーマンショック並に世界景気が悪化しているワケ。



IMFの2019年の日本の成長率予測は、0.9だが、
2008年の日本の成長率は、-1.1だった。

つまり、今の日本はリーマン時よりかなりマシな状態なので、
「世界景気の深刻さ」に気づいてない日本人が多い。



国内景気DIは2か月連続で悪化、後退局面入りの可能性
https://moneyzine.jp/article/detail/216649

帝国データバンクは、国内の1万社を毎月調査しているが、
来年7月の五輪以降も、国内景気はだだ下がりの予測だ。
「景気の減速が、少なくともあと1年は続く」という事だ。

海外がリーマン並に景気が悪いので、いずれ日本だってそうなる。
しかし、日本のマスゴミはこういうネガティブな事実を一切伝えない・・・



アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書
アンドリュー・O・スミス
SBクリエイティブ
2019-11-20

外国人労働者が来なくなった! 「特定技能」が思惑ハズレ

company_black_baito
外国人「特定技能」広がらず、政府が受験機会拡大へ
4月に始まった外国人就労の新在留資格「特定技能」は、
5年間で最大約34万5千人、初年度最大4万人を想定していたが、11月末時点でたった1019人
3月末まで待っても、2000人に届かない見通しだ。

焦った日本政府は、試験の受験機会の拡大や、仲介制度拡充を12月から始めた。
菅官房長官は「外国人が国を選ぶ時代だ。
住んでみたい国、働いてみたい国を目指し、関係省庁が緊密に連携して取り組んでほしい」と語った。



日本は外国人の「すべり止め」国家?人手不足の飲食業界で“特定技能”が思惑ハズレ
https://www.businessinsider.jp/post-204706

鎌倉の人気カレー店は、人手不足で2店舗のうち1店舗を休業している。
「同じ求人広告を出しても、5年前はバイト求人で30件の問い合わせがあったが5件に減った、
正社員求人なら10件あったが2件に減った。
もう外国人の労働力に頼らざるを得ません」 と言う。

外食業は、特定技能で初年度4000〜5000人を迎える想定だったが、
制度開始から8カ月が経過した11月末時点で、たった71人だ。



「外国人が働きたい国」で日本が33カ国中32位
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1909/27/news026.html

英金融大手HSBCは、「各国の駐在員が働きたい国ランキング」を発表。
日本は、33カ国中32位というショッキングな結果となった。

日本は、全ての項目で評価が低かった。
賃金ワークライフバランス子どもの教育環境が最下位だった。

日本は、長時間コキ使われ、賃金が安く、閉鎖的で、教育も旧態依然なので嫌われている。
実際、中国の都市部のほうが、賃金や待遇が日本よりも良くなっている。



「移民には絶対に反対!」というヒステリックな日本人が多いが、
世界では「人材の奪い合い」になっている。

日本人ですらドレイ労働で過労死しているから、外国人労働者が来なくなっている。
要するに、「来てほしけど、来てくれない」という状態なのだ。



「嫌われる勇気 アドラー心理学」 金、時間、才能がないは全て言い訳


堀江貴文 『お金がない』『時間がない』『才能がない』は、すべて言い訳
https://r25.jp/article/758147854101948194

名著『嫌われる勇気』には、引きこもりのエピソードが出てくる。
彼は「外に出たいし、仕事もしたい」と願っているのだが、
部屋を出ようとすると、不安や手足の震えに襲われてしまう。

「引きこもりの原因」があって「外に出られないという結果」になると考えがちだが、
アドラー心理学では、「原因」「言い訳」を一切認めない。

「外に出たくない」ので「不安を作り出している」と考える。
無意識的にできない言い訳を作って、自分が傷つくのを防いでいるワケ。



自分は去年の12月に会社を辞めたが、2ヶ月ほど悩んだ。
「会社を辞めるのが本当に怖かった」のだ。

20年も「大企業の正社員」というセルフイメージを持ってきたので、
「辞めない言い訳+恐怖」が何度も頭をよぎった。

人間の脳には現状維持システムがあり、変化に対してブレーキが掛かる。
「変えても問題ない」と解っていても、潜在意識は変化を恐れる。



色んな成功者が、「他責では上手くいかない!」 と力説するが、それは真実だ。
自分も20代の頃は他責で、不平不満と言い訳ばかりだったが、
社会や国や誰かを10年間責めても、全く状況が好転しなかった。
「誰も助けてくれないし、1円も得しない」 ので他責を止めた。

才能のなさを嘆いたり、他人を妬んだりしたが、時間の浪費だった。
才能がない自分を認め、自分ができる事をやるしかない。


できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。
今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。
【アルフレッド・アドラー】

重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、
与えられたものをどう使いこなすかである。
【アルフレッド・アドラー】


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎
ダイヤモンド社
2013-12-13

全米で広がる早期リタイア! 自由のために倹約する人が増加中

money_okanemochi
年収3000万円でも米と豆だけを食べ、収入の70%を貯金!
早期リタイアのために支出を切り詰める人が増加中
https://www.businessinsider.jp/post-204291
https://www.sankei.com/west/news/191025/wst1910250002-n3.html

早期退職を目指す「FIREムーブメント」が、世界中で広がっている。
既存の価値観を否定し、出世競争、激務、長時間労働から逃れる人が増えている。

約3000万円のマンハッタンの企業弁護士のダニエル氏(36)は、
高い税金を避ける為にニュージャージー州に住み、
米と豆だけを食べ、職場に毎日同じスーツで通い、冬は暖房を入れず重ね着をし、
収入の70%を貯金して、4300万円以上を貯めており、3年後にリタイアする予定だ。



J・P・リビングストン氏は、28歳で2.2億円を貯めリタイアした。
大学卒業後、年収1100万円でマンハッタンの金融関係の仕事をしていた。

家賃11万円のエレベーターなしの3階建ての部屋をルームシェアし、
手取りの70%を貯金に回していた。



公立学校の教師のオルソン夫妻は、30代前半で1億円を貯めリタイアした。
75%を貯金に回し、広さ37平米の部屋に住み、年間支出を200万円に抑えた。

「4%ルール」によれば、年間支出の25倍を貯めればリタイアできる。
年200万円使う人は、5000万円が目安となる。



早期リタイアだけでなく、質素倹約は富を築くカギになる。
米国の600人以上のミリオネアを調査したファロー氏によると、
ミリオネアの共通点は、支出を減らし予算を守る質素倹約だった。

「収入以上に消費したり、リタイア資金を貯めないで浪費したり、
いずれ金持ちになると期待してお金を使っていると、
たとえ高収入でも、収入の奴隷になってしまう」と言う。



つまり、「高収入でもダメな奴はダメ」という事。
年収3億円でも、その後に破綻して生活が困窮するケースは多い。
年収300万円でも、余裕のある老後を送る人もいる。

普通の公務員でも早期リタイアする人はいるし、
自分も年収500万円だったが、20年掛けて44歳で早期リタイアした。



カネのコントロールができると、早期リタイアできるし、
早期リタイアできると、時間のコントロールもできるようになる!

早期リタイアするか、70歳まで働くかは、個人の考え次第だが、
「カネのコントロールができない人」は確実に不幸だ・・・


貨幣とは鋳造された自由である。
【ドストエフスキー】


人材採用で「ネット履歴+AI人格診断」が見られている?

computer_net_stalker_man
採用リスクを回避 人間の健全度を測定「ネット履歴書」の衝撃
https://forbesjapan.com/articles/detail/30722?internal=top_firstview_06

何をやるにも、結局は人材レベルが成否を左右するので、
企業にとって、人材採用は最重要課題だ。
そこで最近は、「ネット履歴をAI解析した人格判定」が始まっている。


ソルナの「ネットの履歴書」では、「人物の健全度」を確認することができる。
SNSなどでの投稿、友人界隈でのネット上の評判
本名を伏せた裏アカウントや、通常の検索では出ない過去の書き込みまで、徹底的に調べ、
自社開発のAIで、性格的特徴が解析される。


2018年4月にサービスを開始し、1万1,036件の調査を実施。
犯罪歴やコンプライアンス違反のある人物は、全体の0.76%だったが、
暴力的な言動や経歴詐称、リテラシー欠如などの問題人物は23.31%
採用を検討する人材の4分の1が、人格問題を抱えていた。


また、本人はSNSやネットの書き込みをしてていなくても、
友人8~9人のSNSを調べれば、「本人の傾向も解る」という事が、
豪アデレード大学と米バーモント大学の研究で発表されている。
つまり、友人から本人の性質が掴めてしまうワケ。


料金は1人当たり1.5万円ほどで、興信所だと10~20万円は取られるので、かなり安い、
解析結果も依頼から4日程度、特急で頼めば1日で届く。


<報告内容>
①該当SNSアカウント
本人のアカウントと見られるSNSアカウントを報告。フォロワー数が情報の拡散力の指標となる。
②ネガティブな要素
発見したSNSアカウントから、発信内容をもとに5つの指標でネガティブ要素を判定。
③ポジティブな要素
本人の名前でネット検索をし、表彰歴などポジティブな要素を判定。
④注意すべき投稿
問題投稿や履歴書では確認できない側面を発見した場合に表記。

「飲酒運転」
飲酒をした状態で自動車を運転していた事の書き込み。法令遵守意識の低さを表す。
「横領事件」
私用の飲食費や買い物を経費として精算した事や、業務上の経費の使い込みをSNSに投稿。
「守秘義務違反」
職務上知った秘密や、開示してはいけない個人情報をSNSや個人のブログに投稿。
「暴力事件」
実際の暴力の自白だけにとどまらず、ネット上での暴力的、差別的な発言など。



例えば、田端信太郎さんは暴言を繰り返して、ZOZOをクビになったが、
問題の多い田端さんをフォローしていると、おそらくマイナス評価になる。
友人や誰をフォローしているかなど、全てが評価されるのだ。


田端さんもそうだが、「会話で良い印象を与えられる人」がいるが、
裏では、暴言や差別発言を繰り返していることもある。

「面接で人格を見破る事」は不可能で、
面接を重視すると「面接だけが上手い奴」ばかり採用してしまう。

言葉では嘘がつけるが、過去の行動を見ると人格が解ってしまう。
だから中国では、既にSNSが与信審査に使われている。


行動は言葉よりも雄弁に語る
【英語のことわざ】



昭和脳はネットを知らないし、若者は日本の首相を知らない。

money_amakudari
NHK次期会長 視聴率至上主義に苦言
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/12/11/0012950151.shtml

元みずほフィナンシャルG社長の前田晃伸氏(74)が、NHK会長に就任する事が決まった。
記者会見では、昨今の「視聴率至上主義」に対して疑問を呈した。

しかし、来年4月開始の、インターネット常時同時配信については
「インターネットとかパソコン持っていない」
常時配信がどんなものかも解らない」という。

50代のバブル世代より上は、90年代で時計の針が止まっているので、
日本の経営者は、「ネットって何だ?」という昭和脳が多い。
だから、経団連の会長が電子メールを使うとニュースになるのだ。



大学教授が実感した、「ニュースを読む学生と読まない学生」の知的格差
https://globe.asahi.com/article/12970728

最近は、大学の教授に就任する人は、こう助言をされる。
学生の学力低下が著しいので、自分が学生だった時の感覚で講義すると、
全く理解できない学生が多数でてきますよ?」
偏差値は昔と変わっていないのに、人材レベルがガタ落ちしているワケ!

何人かの学生は、安倍首相が再登板している事を知らなかった。
また、小泉純一郎という首相が存在した事を知らない学生がいた。
国際関係学部の学生なのに、日本の首相すら知らないのだ!



昭和脳はスマホを持っていても、
スマホが小型パソコンで、ネットにつながっているとは理解できない。

最近の学生は、スマホを1日数時間使っているが、
ゲーム・SNSをやっているだけで、重要な情報を取れていない。


最近の日本人は、中高年も若者も本を読まなくなっている。
それは、「新しい知識を取り入れる気がない」という事だ。
大学生ですら、「本を年一冊も読まない」という比率が50%を超えた。

読解力がなく「文章を読めない若者」が増えているので、
「読みたくなっても読めない」という地獄が始まっている。
「年1冊は本を読む」という学生はかなり優秀な部類なのだ・・・・



プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで
記事検索