おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

2020年07月

米国の4-6月GDP、年率ー32.9%! これは過去最悪!

アメリカ 4-6月GDP 年率ー32.9% 統計開始以来最悪の水準
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012542211000.html

米国の4~6月までのGDPが年率で-32.9%と、
これは四半期ごとに統計を取り始めた1947年以降で過去最悪
リーマン・ショックの直後ですら-8.4%で、今回はその4倍だ。



項目別に見ると、GDPのおよそ7割を占める個人消費は-34.6%
企業の設備投資は-27%、それに輸出は-64.1%だった。

新型コロナで経済活動がほぼストップし、
失業率は10%以上だが、300兆円の予算を付けて、
失業者に毎月40万円くらい配っているので、なんとか平静を保っている。



トランプ大統領は、「年後半からV字回復する」と強気だが、
経済の専門家は、「コロナ前の水準に戻るのは2022年になる」
「回復の遅れは日本の輸出などに悪影響を及ぼす」と指摘しています。

日本はレベルが低い経営者が多いせいか、
3月頃に「2・3ヶ月で回復する」と言っていた人が多かった。
日本人はロジカルに考えない人が多いので、楽観論に傾くのだ。

しかし、海外企業は「回復に3年掛かる」という認識を固めて、
素早くリストラを始めている。
日本企業は、何をやるにも決断が遅いのだ・・・・



「給料ファクタリング」で初の逮捕、実態は年利120%のヤミ金

uwasa_warui
「給料ファクタリング」初摘発 業者の男女4人逮捕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62041440Z20C20A7AC8Z00/

7/29、大阪府警は「給料を支給日前に受け取れる」と無登録で金を貸したとして、
男女4人を貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕した。
「給料ファクタリング」と呼ばれる新たな手口で、摘発は全国初。



【給与ファクタリング】は違法 利用すべきではない「3つの理由」
https://news.yahoo.co.jp/articles/425bf91338533b46200b6f425e4425f6b6c31334?page=1

「ブラックでもOK」、「利息なし」、「最短即日振込」などの謳い文句に惹かれて、
給与ファクタリングを利用する人が増えている。
これは「給与所得者の給与債権を買い取る」という名目で金を渡す仕組み。

しかし、金融庁は「貸金業に該当し、貸金業登録しておらず、
金利が月10~30%なので違法なヤミ金である」と指摘している。
(仮に月10%の金利だとしても、年利120%にもなる!)



今まで、逮捕者が出ていなかったからグレーゾーンだったけど、
「ついに警察が動いた」ということだ。

コレは、給料収入のある多重債務者や自己破産者を狙った犯罪だ。
「判断力のない人」から給料を掠め取るのは悪質だ (´・ω・`)


楽天モバイルの回線が突然使えなくなった! 障害アナウンスはナシ!



自分は7/18から楽天モバイルに乗り換えて、
au回線エリアだが、特に問題なく使えている。

しかし、楽天モバイルを使っている親族が、
昨日の午後に「圏外になってしまった」。

別の地域に住んでおり、そこもau回線エリアだ。
数時間後に直ったが、本体故障かと思って随分慌てたそうだ。



ツイッターでも似たような書き込みが複数あり、
「楽天モバイルではよくあること」らしい。

au側の問題とは思えないから、
「楽天側の認証サーバー」の問題かもしれない。

楽天モバイルは「小規模な障害はアナウンスを出さない」が、
しょっちゅう障害が起きているんだから、
ちゃんと情報開示しないとマズイだろう?



仕事をしている人などは、
トラブルの多い楽天モバイル一本ではかなりマズイ。

イザという時に救急車などが呼べない可能性があるし、
ライフラインとしては心もとない。
平時でコレだから、大地震などが起こった時には一体どうなるのか?

スマホ複数持ちか、デュアルSIMなどで、
他社SIMという「保険」を掛けておくのがオススメ。



まこなり社長「人生で絶対に買ってはいけないモノ TOP5」


 
「まこなり社長」は鋭い切り口のYouTuberだ。
彼は「若者の考え方」を代弁しているから非常に人気がある。
特に、今回は非常に良い動画を出していた。

<人生で絶対に買ってはいけないモノ TOP5>
  ①不動産
  ②車・バイク
  ③結婚式・婚約指輪・結婚指輪
  ④ブランド品
  ⑤ペット

この5つとも素直に頷ける。
人生はシンプルにすれば問題も少なくなる。

家・車・ブランド品・ペットで浪費すれば、カネが足らなくなる。
カネが足らないと、仕事を増やして疲れ、家族関係も悪くなる。



コロナ禍でミニ戸建が売れている、タワマン離れは加速か
https://news.yahoo.co.jp/articles/c23ac75dc2b0943464ecd4d4e5536abd1054add0?page=1

コロナ禍で新築マンションは売れなくなったが、
都市部や郊外の「ミニ戸建て住宅」の契約は伸びている。

不動産屋曰く
「戸建ての販売実績はこの5月が過去最高で、6月はそれを上回ったハズ。
出せば売れるので必死で土地を探している状態」

「リモートワーク」志向が高まり、都心に住む必要性が薄れ、
「オンライン会議」は、狭い家より広い家の方が有利だ。
(マンションだと会話が隣の部屋に聞こえてしまう事が多い)


「タワマン離れ」が本格化する可能性がある。
タワマンに住んでいる人は高収入なので、
リモートワークに移行しやすいし、
「落ち目のタワマン」なんて、もう自慢できないワケ!

成功者ほど、都心を離れて郊外に住む」
という逆転現象が起きるかもしれない。

「10月に五輪中止が決まるかも」と囁かれているが、
そうなれば湾岸エリアの不動産価格は・・・・


2025年東京不動産大暴落 (イースト新書)
榊淳司
イースト・プレス
2017-06-10


ひろゆき氏「舌を肥やすな、メシがまずくなるぞ!」限界効用の法則



巨大掲示板「2ちゃん」を作った西村ひろゆき氏曰く、
「美味しいモノを食べたいのなら、一食抜け!」
「舌を肥やすな、メシがまずくなるぞ!」

コレは経済学の「限界効用の法則」で、
お金の消費が増えるほど、「得られる効用」が少なくなる。

例えば、「美味しいステーキ」を初めて食べた時は満足するが、
繰り返すと徐々に満足度が落ち、いずれ飽きてしまう。



有名レストランで毎週食事するようになれば、
それが日常化し、さして「美味しい」と感じなくなる。
さらに、舌が肥えて普通の食事がマズく感じてしまう。

多くの人は「高級店で美味しいものを食べたい!」と考えているが、
それは一時的には幸福になるが、長い目で見れば不幸になるワケ。

だから、「美味しいモノを食べたいのなら、一食抜いた方が良い」
次の食事が美味しく感じられて、食費も浮くし、肥満解消になって健康になれる。
「痩せ過ぎている人」にはオススメできないが・・・




 

秋に日本初の「自動運転バス」が実用化!2023年にはタクシーも!


ついに!国内初の自治体自動運転バス、2020年秋に走行開始
https://jidounten-lab.com/u_2020-autumn-autonomous-bus

ソフトバンク子会社のボードリーが「国内初の実用化事例」として、
2020年秋から茨城県境町の公道で「自動運転バス」を運行する。
新型コロナの影響で、当初の4月スタートから延期されていた。

自治体による自動運転バスとして運行し、期限は設けない。
つまり、「実証実験」ではなく「実用化」なのだ。

バス車両は、仏ナビヤ社製のハンドルがない15人乗りのバスで、
最大速度25キロで走行し、一度の充電で平均9時間の走行が可能。



中国で相次ぐ自動運転タクシーの公道テスト
https://media.dglab.com/2020/07/14-toho-01-2/

米国ではテスラ車が普通に自動運転で走っているし、
中国では一般市民による自動運転タクシーの公道テストが始まっている。

自動運転の精度は「ビッグデータの量で決まる」と言われている。
AIがどれだけの走行パターンを学習するかで、実際の判断が決まるので、
テスラ、百度、滴滴といった企業が自動運転では強いのだ。



WILLERとモービルアイ、日本で2023年に自動運転タクシーを実用化へ

WILLER(大阪府)と米インテル子会社のモービルアイ(イスラエル)は、
戦略的パートナーシップを発表した。

2021年には日本の公道でロボタクシーの実証実験を始め、
2023年にはロボタクシーや自動運転シャトルを実用化する予定だ。



トヨタ
などの日本企業も自動運転の研究はしているが、
開発が非常に遅いし、収集しているデータ量が少ない。

EV車開発すらも遅れており、
「逆立ちしても勝てない」くらいに差が開いてしまった。

日本人は変化が見えないので、「まだ当分は先だろう」と呑気だが、
世界は激変しているのだ!



カラオケ店の正社員が月収3分の1になり「住宅ローンが払えない!」

company_black_baito
カラオケ店勤務の正社員は月収3分の1に「住宅ローン払えない」
https://news.livedoor.com/article/detail/18624205/

コロナ禍で阿鼻叫喚になっている。
中山さん(40歳)は、社員としてカラオケ店に勤務し、勤続8年目。
コロナ禍で店舗は休業し、自宅待機になり月収30万円→10万円に激減。

3年前にローンを組み、首都圏の中古の戸建てを2000万円を購入した。
ローン支払いは毎月10万円程だが払えないので、退職して今は求職中。

1~2カ月以内に再就職できなければ、家を手放す事になるが、
「もし家を売ってもローンは残る」と言う・・・



この人は「割高な価格」で中古住宅を購入したようだ。
不動産相場や、資産価値を理解していないのだろう。

中古の戸建ては、かなり安く借りられるのに、なぜ買うの?
ローンを払い終える頃には、人口減少で負動産になる。
「持ち家信仰」のせいで多くの人が不幸になっている。

「終の棲家」とか言っても「ただの思いこみ」で、
景気次第で飲食店・カラオケ店なんて吹けば飛ぶのに!



40年間継続できる企業は、0.4%くらいしかないから、
終身雇用なんてただの幻想だ。

幻想を信じ、調子の良い時に浮かれると痛い目にあう。
「買いたいから買う」という幼稚さは自分や家族を不幸にする。

いくら真面目に一生懸命働く人でも、
ロジカルに判断できないなら、悲劇が待っている (´・ω・`)


多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。
【カエサル】


日本電産の永守会長「日本の大卒は全く使えない!」


脱・偏差値教育! レジェンド経営者が乗り出した大学改革の全貌!

一代で売上1.5兆円の「日本電産」を築いた永守会長は、
「日本の大卒は全く使えない!」と警鐘を鳴らす。

日立の会長も「日本の大学生は勉強しない!」と批判したが、
海外でも日本の大学生は、勉強しない事で有名になっている。

経営学部を出ても、税金の事は全く解らないし、
英文学部を出ても、英語を話せない。
さらに近年は「本を読めない大卒」も珍しくない。



日本の学生の半数は「%」を理解できない

今は「大学全入時代」で、簡単に奨学金を借りられるので、
名前が書ければ、誰でも大学に入れてしまう。

高校でも大学でも遊んでいた連中を
大卒として雇い、教育する日本企業は大変なのだ!



そもそも日本は7割文系で、授業には殆ど出ずに、
テスト前にノートを回して単位を取っている学生が多い。
では何をしているのかと言うと、スマホゲームだ!

知識・知能・精神的に小学生レベルの大学生が珍しくなく、
今の日本の大学生は「詐欺のカモ」になっている。
昔は「知的エリート集団」として尊敬されていたのに・・・・


幼児化する日本は内側から壊れる
榊原 英資
東洋経済新報社
2016-04-01

日本政府が2018年10月以降の「景気後退」を認定?戦後最長ならず

wana_money_man
「景気後退」認定へ、戦後最長ならず 回復は18年10月まで
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61858300S0A720C2MM8000/

日本政府が「2012年12月から続いた景気拡大が2018年10月に終わり、
景気後退局面に入った」と認定する方向で動いている。

今回の期間は71カ月で、「いざなみ景気」の2002年2月~08年2月(73カ月)の
戦後最長記録を更新できない見通しだ。



約2年も経ってから「景気判断が全然違っていた!」と言うのだから滑稽だ。
2019年1月に当時の茂木敏充経済再生相が、
「戦後最長となった可能性が高い」と高らかに宣言していた。
要するに、政府は耳触りの良いウソを堂々と言うのだ。



2018年の1月に米国のKBホームの株価がピークだったし、
4月にはベトナム韓国の株価がピークをつけたし、
6月には木材先物がピークだった。

2018年10月には鋭い人は「景気後退に入った」と言っていた。
しかし、その後「トランプラリー」で株価は高騰した。



本来、株価は先行指数なので9ヶ月くらい先に下落するものだが、
近年は、中央銀行バブルで動きがオカシクなっている。

この2年間「景気は良いんだ!」と喚いていた「経済の専門家」もいるし、
いろいろ罠が多いなぁ・・・ (´・ω・`)


コロナショック→給与水準低下で、「家賃デフレ」 賃貸派の大勝利!

2020

給与水準低下で、これから「家賃デフレ」が進む
https://toyokeizai.net/articles/-/360918

この記事を書いている末廣徹さんは、
鋭い分析をするエコノミストなので以前から注目している。 

コロナショックによる景気悪化は、
「消費者物価を押し下げる可能性が高い」と言う。



夏のボーナスは前年同期比-6.0%と、
リーマン時の-19.39%以来の落ち込みとなった。

海外に比べ、日本企業は意思決定が非常に遅いが、
内定取り消し、来年の採用見送りが始まった。
つまり、「来年のほうがキビシイ環境になる」という事。



実は、バブル崩壊後も、リーマン後も「家賃相場の下落」が起こった。
テナントなどで「家賃の値下げ交渉ラッシュ」になったのだ。

特に住宅は、大量に建設されており、
人口減少も起こっているので、
ただですら、「住宅は余り気味」なのだ。

当然、住宅の家賃相場も下がるし、不動産価格も下がるだろう。
こんな時代に持ち家を買うのは不利だよなぁ (´・ω・`)



「都心・駅チカなら価格は下がらない!」と主張する人が多かったケド、
テレワークが急速に進み、郊外でも問題なくなった。
むしろ郊外の広い家に済み、静かな環境でテレワークした方が良い。




プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

記事検索
お問い合わせはこちらまで
記事検索