business_black_kigyou2
学力が収入に直結する社会 「家の蔵書量が多いほど高学歴」は本当だった
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191005-00000004-moneypost-bus_all

貧困率は、30代男性の大卒は3%だが、非大卒は13.2%
30代女性の大卒は4.5%だが、非大卒が15.1%

いくら「最近はもう学歴はあまり関係ない」と言っても、
統計的には、貧困率は3~4倍も貧困率が違うのが現実。

「15才の頃に家にどれだけ本があったか」が重要で、
10冊以下の大学進学率は、22.3%だが、
501冊以上は、77.4%と歴然とした差があった。
本は図書館で借りられるが、親が本を読まないと子供も読まないのだ!



大学生の48%が読書時間ゼロ 小学校では読んでいたのに中→高→大と進む本離れ
http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4995

近年は大学全入時代なので、大学生の半分は本を全く読まないし、
英語どころか敬語を話せない20・30代がゴロゴロいる。



中卒でも成功者はいるし、そういう人は本を読んでいる。
なぜなら、読書などで大量の情報をインプットしないと、思考力がつかないからだ。
成功する人は、好奇心を持ち、本からも失敗からも学ぶので、
積極的にリスクをとって、どんどん賢くなる。


自分は「学歴は必須要素ではない」と考えている。
自分自身もFランク大学の工学部建築科卒だし、テストは苦手だ。
20年前と違って、今は誰でも入れるから大卒の価値は下がっている。
高学歴でも実務能力がない人はゴロゴロいるし、学歴に拘る必要を感じない。



著書『上級国民/下級国民』が話題の作家、橘玲さん曰く、
「新しい体験に興味を持つ新奇性が高い人が成功して豊かになっている。
イノベーションが重視される現代社会では、新奇性が高い性格の人が有利」

【新奇性】とは、目新しいさま。物珍しいさま。 

要するに、好奇心を持って目新しいモノを追っている人ほど成功しやすい。
これは、IT長者、事業家、投資家なども当てはまる。
好奇心がないと本も読まないし、大学で学ぶ事にも興味を持たない。



好奇心>読書でインプット>トライ・アンド・エラー>成功
<成功のステップ>
 ①好奇心を持つ。
 ②読書の習慣をつける。
 ③リスクを取り、失敗から学ぶ。