study_gariben_boy
【Amazon Go】、ついにレジなしスーパーマーケット!
https://blogos.com/article/419305/

ブルームバーグが、「アマゾンがレジなし食品スーパーを工事中」とスクープした。
関係者の話では、シアトルのキャピトルヒル地区の店舗は、
レジなし技術「ジャスト・ウォーク・アウト」を使った966平米(292坪)の食品スーパーになる。

日本のコンビニは50~60坪なので、その約5倍とイメージすれば良い。
日本の食品スーパーよりも、多少広い程度だ。


レジなし技術の開発目標は、平均的なスーパーの3倍の2787平米(844坪)だ。
これが実現すると、ホームセンターなど全ての業態に適用できる。

アマゾンゴーは、既に21店舗の展開となっており、
アマゾン・ゴー食品スーパーは来年の第1四半期にオープンの予定だ。

アマゾン・ロッカーを導入しているアマゾン・ゴーは今までなかったが、
このスーパーには、アマゾン・ロッカーがすでに置かれている。
また、買い上げ点数が増えるので、レシート送付の遅延も懸念されている。



アマゾンジャパン、AI人材育成へ無償教育開始
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52499730S9A121C1X30000/

アマゾンジャパンは、計180人の中高生に、AIを活用するためのプログラミング教室を無償で始めた。
首都圏で試験的に始めたが、全国に広げることを検討している。

「あらゆる場面でAIを活用できる人材育成が大事な時代」になると言う。
つまり、「自分はエンジニアではないから、AIやプログラミングなんて知らない!」という事は通用しなくなりそうだ・・・



アマゾンは非常に戦略的な企業で、着々と手を打っている。
アマゾンゴーは、全ての業態に対応できるように開発している。
小売業界には、革命的な変化が起こるだろう。

それを見越して、日本でAI人材を無償で育て始めた。
日本は7割文系だし、AI人材は殆どいないからアマゾンとしても困るのだ。
設備・技術だけでなく、人材にも投資しており、バランスが良い。

一方、日本企業は未だに、パワハラ低賃金で若者をイジメている・・・・