「学生時代に戻りたい」社会人の82%が回答 「仕事にやりがいが持てない」
https://www.j-cast.com/kaisha/2019/11/26373515.html

日本のネットメディア企業が、235人に「仕事に関する意識調査」を行ったところ、
「学生時代に戻りたいと思うか?」という問いに、61%が「とても戻りたい」と回答。
21%の「少し戻りたい」と合わせて、82%が学生回帰願望を持っていた。
「どちらでも良い」が10%、「戻りたくない」は8%だった。

5年毎の「世界価値観調査」の日本の「人生の自由度」は55か国中で最下位で、
学生回帰願望が強い理由は、「日本の社会人は自由度が低いから」と言われる。
しかし、自分は「単に日本社会がクソだからだ」と思うが・・・・



日本の会社員の「ヤル気」は世界最低だった
https://president.jp/articles/-/26049

米ギャラップ社が、従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)を調査したところ、
日本は、139カ国中132位で、「熱意あふれる社員」はたった6%しかいなかった。

しかも、「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%
「ヤル気のない社員」は70%に達した。

日本企業でマジメに頑張ると、過労死・過労自殺する事が多い。
実際、自分の同僚は2人も過労死したし、
激務で体を壊して退職に追い込まれた同僚は多数いた。
つまり、「ダラダラ働く事」は日本人の生きるための知恵なのだ!



海外では会社が嫌なら転職するので、企業忠誠心やヤル気が高い。
しかし、日本では新卒主義で異分子を嫌がるので、転職が困難だ。
日本企業は定期採用で純粋培養したがるが、40代になると容赦なくリストラする。

日本では色々な不文律があるので、同業他社へ転職出来ない業界もある。
要するに、「人を大事にせずに使い捨てにしている」
人材の流動性が低いから自由度が低く、不満ばかりが溜まっている。


日本で出世するのは、激務と失敗を避けて、忖度してデータ改ざんが出来る奴だ。
だから、日本人は失敗を異様に恐れて挑戦せず、空気ばかり読む。

その結果、多くの日本人は、行動しないで不満を溜め込んでいる。
自分で自分を「狭い世界」に閉じ込めているのはモッタイナイ!
どうせ40代以降は、リストラ対象になるのに・・・・