keiba_yosouya
米景気回復、来年末までかかる可能性─FRB議長
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2020/05/276168.php

5/17、FRBのパウエル議長は、
米経済の回復プロセスは2021年の終わりまで長引く可能性があるとし、
完全な景気回復は「新型コロナのワクチンに左右される」との認識を示した。

失業率は25%
第2・四半期GDPは年率20%減になる可能性があると言う。



ソーシャル・ディスタンス、2022年まで必要 米ハーバード大
https://www.afpbb.com/articles/-/3278652

「ワクチン接種までソーシャル・ディスタンスは続く」
というのは当然で、ワクチン接種まで景気も回復しない。

ライブハウスやスポーツジムは再開が厳しいし、
再開しても客足は完全には戻らないだろう。
飲食・サービスだって売上3割減が1年半も続いたら持たない。



塩野義製薬、新型コロナワクチン開発着手、1000万人規模の提供検討
https://www.yakuji.co.jp/entry78901.html

米中はとっくに臨床試験を始めているが、
日本は「年内に臨床試験」とか言っているし、
生産量も非常に少ない。

日本の製薬会社はワクチン開発に乗り気ではないから、
日本のワクチン開発は遅いし、供給量が少ないワケ。
こうなると輸入に頼るしかない。



米中がワクチン開発で先行しているが、
どの国も自国民のワクチン接種を優先するハズなので、
日本がワクチン輸入は遅れるだろう。

景気回復はワクチン接種に掛かっているので、
日本の景気回復が遅れる可能性は高い。

米国の景気回復が2021年末なら、
日本は2022年末くらいではないか?

粗雑なアベノマスクすらマトモに配布できない日本が、
ワクチン接種を遅滞なくできるのか疑問だが!


「新型コロナ恐慌」後の世界
渡邉哲也
徳間書店
2020-03-27