money_chokin_seikou_man
FIRE第一人者が教える「株価が暴落した時」の正しい対処法
https://diamond.jp/articles/-/238101

世界中で早期リタイアする生き方「FIRE」がブームになっている。
「4%ルール」や「リバランス」がセオリーだが、自分はやっていない。



「4%ルール」は毎年資産の4%を取り崩すルールだが、
自分は倹約家なので、そんなものは不要だ。

カネは最低限しか使わないので、
使いすぎる事はないし、毎年・毎月の予算などないのだ。

節約が趣味なので、最近はセルフカットを始めた。
これで散髪代が要らなくなった。

固定費の把握はしているが、家計簿などつけたことはない。
それでも、結果的に年間3%くらいしか使っていないし、
総資産は順調に増えている。



リバランスとは「ポートフォリオのバランスを元に戻すこと」
株や債券など資産ごとの保有割合に目標を設けて、
割合が増えた資産を減らし、
割合が減った資産を増やす。

つまり、「株価が下がったら株を買う」という事だ。
一言で言えば、「逆張り・ナンピン」と言って良い。



売買は税金売買手数料などが掛かるし、
株価が下がり続ければ、無限ナンピンしなくてはいけない。
その結果として、大損するリスクがある。

今の状況は「1929年に酷似している」と言われているが、
1930年代の世界恐慌時代の米国株は89%も下落した。
つまり、安易なリバランスは危険なのだ。



「教科書どうり、リバランスすれば安定する!」
という思考停止は命取りになる。

あらゆる事に罠は存在するから、
自分の頭で考え続けないといけない。

投資家は大局を見極められないといけないし、
大局感があるなら、盲目的なリバランスの必要はない。