virus_manin_train
「東京にいながら8割引でMBA留学」オンライン授業の最新事情
https://president.jp/articles/-/36477

日本は変化が遅いが、米中は状況が激変している。
景気後退を見据え、「オンライン授業」を導入して、
授業料を減らし、学生数を増やす大学も出てきた。



ニューヨーク大学アートスクールの演劇コースでは、
バーチャル・リアリティを使った遠隔授業を行っている。

スタンフォード大学では、
遠隔で楽器を演奏できる専用ソフトを授業に取り入れて、
最終的には、「合同コンサート」を目指している。

ジョージア工科大学は、コンピューター科学の
オンライン授業の修士課程を2014年に開講した。
対面方式の授業料の6分の1の約75万円で修士が取得できるので、
学生数が国内で最大規模に成長した。



イリノイ大学は、オンラインでのMBA課程を2016年に始めた。
過程終了までの2年間の授業料は、たった約240万円で済む。
当初300人だった学生数は3年後に2600人にまで達し、
大学側は「全てオンライン授業に切り換える」と発表した。

通常のビジネススクールでMBAを取ると、2年間で約1200万円だが、
イリノイ大学のオンライン授業なら約240万円で済む。
オンラインなら2割の授業料で済む訳だ!



アメリカの「オンライン大学・コース」3選
https://www.benesse-glc.com/special/global/2077

授業料だけではなく、引っ越さなくて済むから、
自宅から低コストで学べる。
高額な奨学金を借りたり、返済に苦労する事もなくなる。
通学時間も要らないし、食事や治安を気にする必要もない。



リモートワークが急速に広まっているが、
オンライン授業も追従するだろう。

わざわざ引っ越して通勤・通学するなんて、時代遅れだし、
オンライン授業なら学生数も10倍に増やせるから、
「海外の大学に通った」という希少性も薄くなるだろう。