kubi_kaiko_risutora_man
中国が景気後退入り? 鈍い回復ペースで悲観と楽観の見方交錯
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200629/mcb2006290710001-n1.htm

中国のGDPは1~3月期に前年同期比-6.8%と、記録的なマイナス成長だった。
4~6月期分は7/16に発表されるが、2四半期連続のマイナスなら、
リセッション入りと判定される。

3304社を聞き取りした調査「中国版ベージュブック」
によると、4~6月期は前期からは若干改善したが、
製造業の利益、設備投資、小売売上高など主要指標は
歴史的な低水準のままだった。

しかし、ブルームバーグによるエコノミスト調査では楽観論が優勢で、
中国経済の先行きに対する見方が真逆なのだ。



実際には失業率20.5%? 中国の失業者増大は防げるのか
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200609/mcb2006090500002-n1.htm

中国の中泰証券の所長が「ウィーチャット」の公式アカウントで、
第1四半期に増えた失業者数は、既に7000万人を超えるとの推定した。
その多くは農民工で、当局発表では失業率は6%前後だが、
実際には20.5%に達していると指摘した。
しかしその後、この文章は削除され、この所長は更迭されてしまった。



「世界の工場」に広がる失業の波

「世界の工場」と言われる中国南部、広東省では、
農村出身の「農民工」が、失業し故郷に帰る逆流が発生。
「工場譲ります!」という紙が大量に貼られている。

ある工場主はこう言う。
「例年に比べ、仕事量が3割以上減り、仕立て代も2・3割安くなった。
家賃は下げてくれないし、工場の引き取り手がない。
買い手が見つかり次第、子どもの待つ故郷に帰る」



現実とエコノミストの認識のギャップが大きい。
このギャップが是正される時に、
一気に現実に引き戻され、市場に衝撃が走る気がする。
悲観論に傾いて暴落するかもしれない。