アイコスの「フィリップ・モリス」は、なぜ「嘘」を繰り返す?
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200626-00185035/

海外の研究機関が、アイコスの隠された有害性を指摘し始めた。
日本のマスゴミは殆ど取り上げないが・・・

アイコスなどの加熱式タバコは、ほぼ日本でしか売れない。
それは日本は、規制や広告表示法が甘い上に、
遵法精神が乏しいからだ。
つまり、日本では「違法なイメージ戦略」がやりやすいのだ。



米国で電子タバコによる死者急増、背後に潜む様々な社会問題
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakamegumi/20191115-00150973/

海外では加熱式ではなく、電子タバコがクチコミで流行っていたが、
2019年に死者が出て、多くの地域で禁止された。



日本はタバコ株に投資する人が多いが、
その原因は、海外事情に疎い事に加えて、
高配当株が異常に好きな事だろう。

「過去数十年も増配しているから」
という安易な投資判断は上手く行かない。

将来性がないから株価が下がって配当率が高くなり、
配当しか取り柄がないので、ムリに増配を続けている。

今は高配当でも、来年以降も続く保証などないし、
株価が下がり続ければ、元も子もないのだ!



「タバコがもうダメだから、新型タバコへ」
という戦略は上手く行かない。
なぜなら、有害物質を入れて中毒にしないと儲からないからだ!

昔と今は状況が全く違う。
昔はマスコミが報じなければ大衆は無知なままだったが、
今はネットで情報が拡散する。

日本は色々と特殊な国なので、
日本でボーっとしていると感覚が狂い、判断を誤ってしまう。
だから、常にアンテナを立てて修正しないといけない。