computer_net_stalker_man
中央も地方も、馬券販売がネットのみで前年比プラス
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62793530Z10C20A8000000/

新型コロナで2/29から無観客開催を続けている中央競馬の売上げが、
8/8時点で前年同時期を上回った。

7月から一部の事業所で現金発売が再開されたが、
無観客開催は続いている為、殆どネットで販売している状況だ。



現金発売は昨年の年間売り上げの3割弱を占めており、
無観客開催で現金販売が減り、売上げ減になると思われたが、
ネット販売がそれ以上に伸びて売上増になった。

地方競馬の今年4-7月の売上げも、前年同期比33.1%増と絶好調だ。
関係者は「このまま無観客開催のほうが儲かる」と言う。

無観客開催なら、設備維持・警備・清掃などのコストが抑えられるし、
「感染リスク」などのリスク・トラブルも無くなる。



街から本屋が消えた…「書店ゼロ自治体」急増
https://biz-journal.jp/2019/12/post_131882.html

「書店ゼロ」の自治体は増え続け、2割強になっている。
しかし、「ネットで買える」から誰も困っていない。
客は「本が欲しい」のであって、「書店に行きたい」訳ではないのだ。

書店に行っても「目当ての本」が置いてある可能性は低く、
「書店まで行って注文し、2週間待ってまた書店に行く」
なんてやってられないよね?



そもそも、アマゾンは電子書籍を推していて、
「スマホで電子書籍を読む」というスタイルはラクで良い。

かくいう自分も、3年前までガラケーを使っていて、
「人間の意識」は変わっていくものだなぁと (´・ω・`)


amazon「帝国」との共存
ミヤ・ナイツ
フォレスト出版
2019-05-22