money_single_mother_poor
米経済、コロナからの回復「K」字形? 広がる格差懸念
https://www.asahi.com/articles/ASN8N55QCN8NULFA006.html

米国は、新型コロナの感染者・死者とも世界最多で、
失業保険を約3千万人が受け取っているが、8月から給付額が激減した。

暮らしに行き詰まる人が急増しているが、
その一方、株価は最高値を更新し続けている。
景気株価の乖離が起きており、「K字形」の様相を強めている。



南部ルイジアナ州のエリンさん(24)は、
ホテル内のレストランの給仕の仕事を3月に失い、無職が続く。
再就職を試みたが、「コロナ禍が収まるまで雇えない」と言われた。

本来の失業保険の給付は週2.6万円
これでは月640ドルの家賃、学生ローンの返済、光熱費、食費を賄えない。

3月に失業保険への週600ドルの上乗せが決まり、
失業保険だけで月36万円が支給され、暮らしを維持できた。

しかし、週600ドルの上乗せは7月末で期限切れとなった。
トランプは週400ドルに減額し、上乗せを維持しようとしているが揉めている。



米大統領令で失業給付増 法廷闘争なら景気リスク
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62481430Z00C20A8FF8000/

トランプ自身が「給付額が多いと働こうとしない」と言っているが、
確かにそれも事実だろう。

しかし、「大不況で就職先がない」
「コロナ禍は収まっていない」というのも事実。

米国は300兆円をバラ撒いて来たが、それも底をついてきた。
「コロナ禍は2022年まで続く」と言われているが、
あと2年も今の状態を維持できるとは思えない。

日本も含めて、悲惨な事になりそう (´・ω・`)