楽天モバイルの回線マップを検証した動画を見たが、
予想以上に「現実との乖離」が酷い。

アンテナが全く機能していない土地まで、
「自社回線エリア」にしてしまっている。

経営サイドと現場との「意識のギャップ」が大きいのだろう。
三木谷社長は「ウチは通信障害なんて起こらない!」と豪語していたが、
実際には、通信障害誤請求ポイント付与漏が多発している。





誤請求の件で自分にもメールが来て、
「8月までの請求は全額返金し、9・10月は全額無料にする」と書かれていた。

しかし、このメールの内容は、連絡もなく反故にされたらしい。
4ヶ月も経ってようやく誤請求を認め、謝罪メールを送ってきたのに、
それを理由もなく覆えしたのには呆れるしかない・・・



楽天モバイルに乗り換える時に、ある程度のトラブルを覚悟していたが、
流石に、ここまで迷走するとは予想外だった。

楽天モバイルでも、もうすぐ5Gを始めるようだが、
5G混乱にさらなる拍車を掛けるのは目に見えている。



一旦、体制を建て直さないとどうにもならないので、
三木谷社長は勇気を持って「5Gの延期」をすべきだと思う。

しかし残念ながら、そういった英断は期待できないだろう。
なぜなら三木谷社長の無理解が、現場を混乱させているからだ!
振り回される社員や派遣社員は大変だよね? (´・ω・`)