business_group_shock
国勢調査 回答率は50%余 再訪問で協力呼びかけへ


今回の国勢調査は、10/7が回答の提出期限だったが、
回答率は50%余りに留まってる為、期限を10/20まで延期した。



しかし、ツイッターでは「国勢調査の封筒が届いていない!」という声が多い。
自分の家にも、今回は封筒が投函されないので、昨日市役所に電話した。

「今回はコロナを言い訳に、
調査員がテキトーに投函しているので、届いていない人が多い。
届いていない人には、督促もしないだろう」との事。

住民票をもとにリストを作って配っていないの?と聞いたら、
「リストなどは一切作っておらず、
住んでいそうな家の郵便受けに投函しているだけ」との事。



しかし、明らかに居住実態のある家にも投函されていない。
自分のマンションも前回まではちゃんと届いたのに・・・
今回は、おそらくマンション全戸が投函されていない。

こんな杜撰な調査に回答しても無意味なので、
今回は結構です」と伝えたら「そうですか・・・」と言われた。

法律的には罰則があるが、そんなものはとうに機能していないらしい。
「いい加減な調査員」を罰する法律がないのが不思議だ。



ネットでも回答できるけど、封筒内のログインIDを入力する謎仕様で、
「全世帯に封筒を配る」事が前提になっている。

しかし、日本は労働人口が激減しているし、人材も劣化している。
だから、人海戦術で全世帯に配るのには無理がある。
調査員がサボったらアウトだ。



企業だって、昔は有能責任感のある人材を採用できたが、
今は、「本も読めない大卒」ばかりで、モラルも低い。

今は誰でも大学に入れるから、勉強なんてしないし、
世代人口が少ないから、去年までは就職もラクにできた。
つまり、日本全体がポンコツになっている (´・ω・`)


2020