ミニストップ社長のインタビュー

9/25、コンビニの「ミニストップ」は、現行のフランチャイズ契約を見直し、
来年9月から「加盟店と利益を折半する」と発表。

「オーナーの負担を減らす」のが狙いだが、
ミニストップ本部自体が赤字体質なので、
本部自体が潰れてしまう可能性も孕んでいる。



ミニストップの社長はこう語る!
「過去40年間、適切な契約の改正をしてこなかったことを反省している」

「セルフレジを導入したり、ローコスト化も進めて、
そこで出てきた原資を、商品の投入や投資に回さなければいけない。
そうしないと、うまくいかない。難易度は高い

「これまではトップランナーについていけば何とかなった。
でもそれはもう通用しなくなってきた」



ミニストップ、完全無人店に参入 オフィスなど1000カ所

ミニストップは無人店を急拡大させる。
新しい施策を矢継ぎ早に打ち出しており、
「社運を掛けている」事は間違いない。



昔は「セブンイレブンの真似をしていれば喰えた」けど、
人手不足+人件費高騰+店舗飽和で、どうにもならなくなったワケ。

このままではジリ貧なので、
思い切った事をやるしかないのだ (´・ω・`)