11/13、ユニクロの11年ぶりとなる伝説のコラボ商品が販売され、
各地で異例の大行列となった。

「ジル・サンダー」は素材に拘る超有名デザイナーだが、
早くからユニクロの品質の高さを認めて、コラボをしている。



ユニクロの商品は高品質で、不良品が少なく、
どの国でも簡単に現金化できるから、
窃盗団が夜に押し入って、ユニクロ製品を盗むことがある。
国際的に評価され、海外でも売れるからこそ、転売目的でも買われる。



結局、「商品力があればコロナ禍でも関係ない」ということ。
ユニクロは繊維会社と組み、繊維から開発し、20年以上も改良を重ねている。
ジーンズなどの研究所も作っているし、開発力は世界有数だ。



デザイン生地を選ぶだけで、
中国の工場に縫製させて、高値で陳列するような、
有象無象のアパレル企業とは雲泥の差がある。



ユニクロで3990円で買えるレベルの商品を、
百貨店で3万円で買う奴は金持ちになれない。
お金を大事にしない奴は、お金に愛されない (´・ω・`)