ビシネス系の人気YouTuber「マコなり社長」が、
急に「高額な情報商材」を売り始めたので、違和感を感じていた。

「本業のプログラミングスクールが儲かっていないのでは?」
と考えていたが、どうやら当たっていたようだ。

本業が儲かっていてば、情報商材なんて売らないよねぇ・・・
善意で人を助けたいのなら、無料で情報をあげた方が良いワケで。


株式会社div 第8期決算公告
純利益  ▲1億5767万円
利益剰余金 ▲4億9604万円
総資産  21億6816万円

利益剰余金がマイナスなので、赤字が続いているのだろう。
総資産21億円のうち借金が18億円で借金まみれだし、かなりマズイ状態だ!



マコなり社長は話術が巧みなので、個人的に好きなYouTuberだったが、
今回の件で評価が下がった。

本業のプログラミングスクールが上手く行っていないのに、
好調さをアピールし「キラキラした成功者」という印象操作をしていたし、
嘘のイメージで「高額な情報商材」を売るのは、詐●と言われてもしょうがない。



173,800円の情報商材を情弱に売る前に、
「自社の社員」をそれで教育すれば、
「最強のビジネスパーソン」が量産されて、赤字が解消されるハズ。
しかし、実際は「赤字垂れ流し+借金まみれ」なワケで・・・

ビジネスが失敗続きなのに、
成功者を装って「ビシネス系の情報商材」を売るのは、
一種の経歴詐●だし、詐●だろう? (´・ω・`)