芸能事務所アミューズが本社機能を富士山麓に移転で「脱東京」

株式会社アミューズは、東証1部上場の大手芸能事務所で、
売上高は、ジャニーズ事務所や吉本興業に匹敵し、
2020年3月期決算は、売上は過去最高の588億円、利益は30億円だった。



しかし、関係者の話では、
「リモートワークがメインとなり、渋谷の本社は閑散としている。
それなのに毎月5千万円近い家賃が飛んでいく。

昨年から持ち上がっているのが、オフィスを地方に移転する計画で、
候補地は山梨県の富士山麓。

早ければ今年4月にも拠点を移すことになる。
すでに不動産会社は本社の3フロアは新しい入居者の募集をしている」



アミューズの収益源はコンサート、舞台、CM収入を中心で、
コロナの影響で深刻なダメージを受けた。

9月中間決算は、売上192億円(前年同期比35%減)
最終利益12億円(同47.9%減)となった。
2021年3月期決算は、200億円近い売上減が見込まれている。



<ポイント>
①もともとテレビはネットに押されて衰退産業だった。
②コロナ禍でイベントが軒並み中止。
③コロナ不況で広告費が下がり、ギャラの高いタレントが使われなくなった。
④リモートワークで仕事が回る事が解り、都心にオフィスは要らなくなった。
⑤オフィス家賃の節約によって、年間約6億円が浮く。



「マネージャーが大幅にリストラされている」との話なので、
一人のマネージャーが、複数のタレントを遠隔管理しているワケ。

つまり、リモートワークでマネージメントできている訳だから、
オフィスは地方にあれば良い。

オフィス家賃、通勤費、通勤時間も節約できるし、
採用面接・会議だって、ビデオ会話でなんの問題もない (´・ω・`)