トヨタの豊田章男社長は、
「EV化すると電力が足らなくなるし、EVは環境に悪い!」
と日本国内でアピールし始めたが、
海外からは冷ややかな目で見られている。



<しかし現実は・・・>
①国内の全ての自動車をEV化しても、2010年度の発電量で賄えてしまう。
つまり、再エネなどで発電を増やせば、十分賄えるレベルと言うこと。

②EVは排ガスを減らせるので、ハイブリッドより環境負荷が軽い。

大量生産によって電池のコストを下げ、
 ソーラー・風力などの再エネにその電池を活用できる。
 電池革命の結果、「再生エネルギー社会」が作れる。



世界はEV化しているのに、まだ「水素車」にこだわる日本の愚

EVは部品点数が3分の1に減るから、多くの部品メーカーは潰れるし、
部品が少ないとメンテ代が減るので、ディーラーの収益も半減する。

つまり、トヨタは部品メーカーやディーラーを抱えているので、
EV化をやりたくないのだ・・・

しかし、海外の自動車メーカーは現実を受け入れて、本気でEV化し始めた。
欧米中では、EVの販売数が急増していて、
「EVに消極的な自動車メーカー」は消え去るしかないからだ。
日本人というのは、現実を直視するのが苦手なのだろう。



また、日本は未だに原発利権があるから、再エネにカジを切れない。
「原発と化石燃料で水素を作り、水素車を走らせて、水素社会にする!」
という妄言を未だに喚いている。

まるで、インパール作戦だ・・・
日本はいつもガラパゴス化して、大失敗する。
豊田章男社長は、牟田口中将か?



戦慄の記録 インパール
NHKスペシャル取材班
岩波書店
2018-07-28