img_0194

コロナ重症化を察知 「パルスオキシメーター」

「自宅療養中の軽症者が急変して亡くなるケース」が多発しているが、
ハッピーハイポキシア(幸せな低酸素血症)と原因と言われている。

コロナ肺炎では酸素飽和度が下がり、重度の低酸素血症になっても、
「息苦しいと感じない」事が多い。

自分も去年コロナの症状が出た時は、家にいると苦しくないのに、
5分くらい歩くと急に息苦しくなり、体が動かなくなった。
自分でも気付かないうちに、肺がヤラれていたワケ!



低酸素血症に気付くには、パルスオキシメーターが有効だ。
単体のパルスオキシメーターなら3000円くらいで買える。

また、2020年8月にサムスン、9月にはアップルが
酸素飽和度と体温を自動測定できるスマートウォッチ」を発売した。
今は、5000円位の中国製品もアマゾンなどで売っている。



パルスオキシメーターは、まずは平常時に測定し、
ベースラインの酸素飽和度を把握することが大切らしい。

何か体調の変化を感じた場合に測定し、
「90%未満」か「ベースラインより5%以上低下」だった場合には、
「かかりつけ医師」に電話して指示を仰いだほうが良い。
(つまり、98%だった人が93%に落ちたら、かなりマズイ状況)

体温計のようにパルスオキシメーターは、一家に一個はあったほうが良い。
実家には1つ用意したから、自宅用にも買おうと思う。


【しっかり体温管理】パルスオキシメーター スマートウォッチ 睡眠検測 体温管理 血中酸素濃度 スマートブレスレット IP67防水 Bluetooth5.0 血圧計 心拍計 腕時計 歩数計 着信通知 日本語対応 SMS/Twitter/Line/アプリ通知 240mAh
【しっかり体温管理】パルスオキシメーター スマートウォッチ 睡眠検測 体温管理 血中酸素濃度 スマートブレスレット IP67防水 Bluetooth5.0 血圧計 心拍計 腕時計 歩数計 着信通知 日本語対応 SMS/Twitter/Line/アプリ通知 240mAh