盛り土が届け出量超過か、産廃も混入


7/7、副知事が2010年ごろから産廃が混入していた事を公表した。
盛土ではなく、家電などの産業廃棄物の山だったワケ。

県や市は、小田原市の業者に対して再三指導をしたが、
結局、撤去命令などの厳しい処置はせずに放置している。



その後、2011年にこの土地を買ったソーラー会社に
熱海市は「違法投棄された土が大量に積まれている事」を伝えなかった。
そして、熱海市はなぜか植林を指導し「開発の許可」を出している。



盛土が悪いだの、排水の規制が緩いと言われているが、
危険な場所に、家電などの産業廃棄物を積んでいる時点でアウトだ!
盛土という認識は、ピントが外れているワケ。



「行政側のハギレの悪さ」から考えると、色々と癒着があったのだろう。
まあ、日本はコネ・ワイロ社会で、
役人や政治家はモラルが乏しいからなぁ。
結局、役人や政治家は誰ひとり刑務所に入る事はないだろう (´・ω・`)