全国で増殖中「変な名前のパン屋」仕掛け人・岸本拓也氏

「変な名前のパン屋」が増えているが、これらは岸本系と呼ばれている。
岸本氏がコンサルをしているケースが多いためだ。

「未経験者でも始められる」と謳っているので、
殆どの店は冷凍生地を使っているようだ。
生地から作っている店も紹介されているが、それはごく一部だ。



食パン専門店なら、成形陳列の必要すらない。
冷凍生地を解凍し、オーブンで焼くだけなのでバイトで十分だ。

スーパーのベーカリーコーナーのほうが、よほど本格的だ。
だからこそ、製造場所を見せないように設計している。



30年前はパン屋によって、味のバラツキが大きかったが、
冷凍生地の普及によって、不味いパンは見かけなくなった。
冷凍生地を使えば、パン職人は要らなくなったワケ。



冷凍生地なら、バイトで回せるから人件費が安く済み、
食パン専門店にする事で、成形や陳列スペースが要らない。

高級感の演出で、数倍の価格で売れる。
奇抜な看板にすることで、宣伝費用も抑えられる。



バイトが冷凍生地を焼いているだけで、
素材も大差がなく、別に高級食パンではないのだが、
客は高級食パンだと思い込んで、数倍の価格で買っていく・・・・

あまり売れない日でも、低コストだから損益分岐点が低く、赤字になりにくい。
岸本氏は頭が良く、パン職人ではないので、既成概念に囚われなかったのだろう。



非常によく考えられているが、流石にいつかは飽和し、
飽きられてバブルは崩壊するだろう。
しかし、素晴らしい戦略であることは間違いない (´・ω・`)