トヨタの不正車検、販売店改革のひずみ

4月のネッツトヨタ愛知に続き、またトヨタの不正車検が露見した。
特に今回は、100%子会社のトヨタモビリティ東京のレクサス店での不正で、衝撃も大きい。
レクサス店だから高級なイメージがあるが、手抜きばかりしていたワケ。



「ヘッドライトの明るさ」「フロントタイヤの角度」「パーキングブレーキの効き」
の3項目を基準を満たす値に勝手に書き換え、
「排ガスの成分」「スピードメーターの精度」の2項目の検査を実施していなかった。



ディーラーの車検は、昔からボッタクリ価格で有名だ。
日本のディーラーは、割高なメンテ代で稼いでいるワケ。
しかも、手抜きをしたり、他社に車検を丸投げしている事が多い。



自分は車を売ってしまったが、以前はホリデー車検などを利用していた。
待合室で1時間ほど待てば終わるし、
車の問題部分を見せながら、説明してくれるので安心だ。
車検専門店のほうが、安いし信頼できる (´・ω・`)