東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%は空床だった!

東京医師会幹部の病院で、コロナ病床の56%が空床だった事が解った。
しかも、指摘されると「補助金を返せば良いんだろ」と居直った。



東京都医師会の尾崎会長は「野戦病院を作れば協力する」と言うが、
裏を返せば「ハコモノを作らなければ、協力しないゾ!」という事だ。
尾崎会長自身がこの病院の理事長で、コロナ対応から逃げ回っているのだ。



民間病院と言えども、コロナ患者を受け入れる責任はある。
ワクチンの優先接種を受けているし、
国は病床を確保した病院に、1床につき最大1950万円の補助金を出し、
空床でも1床につき1日7.1万円を出している。



日本の民間病院は「コロナ患者のタライ回し」が非常に多く、
自宅療養で大勢の死者が出ている。

人手不足などというが、人手を増やす努力すらしていない。
しかし、大手マスゴミはこの事実を殆ど報じない。



いくら補助金をつぎ込んでコロナ病床を確保しても、
実際には空床で、大半は稼働していないから意味がない。
これが美しい日本の本当の姿なのだ (´・ω・`)