アジアでLNG争奪戦 価格高騰、在庫減らせば電力不足も

脱炭素の流れを受けて、アジアで石炭よりも低炭素な液化天然ガス(LNG)
の需要が急拡大し、LNG価格が高騰している。
今年のLNG価格は過去5年平均の3倍にまで高騰している。



日本のマスゴミは忖度して「アジア」と書いているが、これは完全に中国の事だ。
「中国のせいで日本の電気料金が上がっている」と報道すると
中国様に目をつけられるからできないのだ。

日本は政治家もマスゴミも、中国に支配されつつある。
この状況はベトナムなどのASEAN諸国と似ている。



中国は二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電が批判されて、
カーボンゼロへのつなぎ役のLNG火力発電に移行している。
そして、最終的にはソーラー発電による再エネに移行する気だ。



電気・ガス料金、全社が値上げ 10月、石炭・LNG高で

日本は変化を嫌うが、中国ですら脱炭素の流れになっている。
現実的に、日本の電気代はこの10ヶ月で15%も上昇している。

ソーラー発電による再エネとEVで、脱炭素化する流れは決定的。
10年後は日本は完全に環境後進国になっているだろう (´・ω・`)