「iPhone SE一括1円」「iPhone 12 mini」回線契約なしで値下げも

先日、家電量販店で5万円するiPhone SEが1円で投げ売られている件を書いたが、
「これは在庫処分だろう」という意見が多かった。

しかし今回の記事で、7万円のiPhone 12 mini 64GBが3万円台で売られている事が解った。
こうなると在庫処分と言うより、
「販売ノルマ達成の為に投げ売っている」と見るべきだ。



国は端末の値引きを22000円までと定めているので、これらは明らかな違反だ。
しかし販売ノルマ未達だと、今後のiPhoneの取り扱いが難しくなるのだろう。

Appleは契約で厳しい販売ノルマを課しているので、
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルは必死でiPhoneを売ろうとしている。



世界ではiPhoneのシェアは、15%以下で推移しているが、
日本だけは特殊で50%もある。

Appleとしては、なんとしても日本でのトップシェアを維持したいのだろう。
日本でもiPhoneの人気が落ちてきたので、大幅な値引きし始めたワケ。



「そこまでするなら最新機種に指紋認証くらいつけろ」と思うのだが・・・
それと評判の悪いLightning端子を止めるべきだ。

EUでは、Lightning端子を禁止にしてUSB-Cに統一する方針だ。
まあ、変な自社規格に拘っているからシェアを落とすんだろうね (´・ω・`)