輸入牛肉値上げで牛タン高騰 要因は中国?

輸入牛肉がついに日本でも高騰し始めた。
日本企業は値上げを遅らせるので、気づいていない人も多いだろう。

2020年6月は1キロ643円だったが、
2021年8月に1キロ1113円となり、1年で約2倍になった。



価格高騰の原因としては、
①米国の需要回復。
②コロナ禍で休職した米国の労働者が、仕事に戻りたがらない。
③中国が米国牛の美味しさに気づき、爆買いしている。



最大の理由は、中国で輸入牛肉ブームが起きている事だろう。
特に一頭からとれる量が少ない牛タンの価格が跳ね上がっている。

しかし大局的に見れば、インフレと不景気が同時進行する
「スタグフレーション」が世界各国で起きていると言える。



底上げ弁当で有名なセブンイレブンも、底上げを諦めて減量+値上げをした。
だまし絵ドリンクなどインチキな事を散々やってきたが、
SNSで悪評が広まって、各方面から叩かれて心が折れたのだろう。
セブンちゃん、かわいちょ (´・ω・`)