おにぎりの「早期リタイア・ライフ!」

入社2年目で会社が倒産し、大企業に中途入社して年収500万円で20年働き、節約+投資で資金を増やし、2018年12月に44歳で早期リタイアしました。。。 1998年に投資信託>1999年に日本株>2003年に中国株>2014年に米国株。。。 2016年8月に米国株を一旦処分し、 2016年11月からループ系FXで長期運用をやっています。。。 ツイッターもやっています! @oni9993 

FX

FXループイフダン10月の利益は29万円で、前年比7割減!



2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、リスクオフ方向に舵を切り、
ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

10月の月間利益は29万円・・・残念・・・
去年の10月は99万円だったので、前年比で7割減だ。


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 
     5月 38万円
     6月 28万円 < (つД`) 
     7月 32万円 <  (゚д゚)、ペッ 
     8月 48万円 
     9月 36万円
      10月 29万円 < (*゚Д゚)   


1/3のフラッシュ・クラッシュ以降は動きが悪くなって、
過去14年で最低のボラティリティーになっている。

8月と10月はアノマリー的に大きく動く月なので期待したケド、ダメだった。
こうなると年内はこの調子かもネ・・・・

1月から10月で、368万円を稼いでいるので、
今年は年収400万円台になりそうだ。

年初の計画では、年収600万円以上を想定していたが、
なかなか予定どうりにはいかないものだ。



帝国データバンクの景気予想、9月のレポートも先行きが厳しい。  
http://www.tdb-di.com/visitors/

相場の動きはまだないが、逆イールド、レポ金利急騰などの予兆は確実に増えている。
自分は、この官製相場状態が、徐々に壊れているのだと考えている。

日本の景気DIの予想を見ても、「10月からの景気悪化は確実」だろう。
しかし、官製相場で相場が動かないのも事実。

自分は「年内は相場が動かないかもしれない」と腹をくくった。
次に転換点になりそうなのは、1月だと思う。

焦ってレバレッジなどを上げても、良いことはない。
ジタバタせず、腹をくくった方が良い。


キャプチャ889

日本円は「唯一の安価なリセッションヘッジ」

business_money_laundering
円は残された「唯一の安価なリセッションヘッジ」-JPモルガン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-08/PZ1GEV6JIJUR01

リセッション(不景気)入りの懸念が、どんどん広まっている。
リスクオフ局面で価値が上がるのは、金、円、ドル、スイスフランなどだ。

債券は割と安全な印象があるが、変動幅は株式とあまり変わらないし、
リートは株式より変動幅が大きいので、リスクヘッジにならない。



購買力平価(企業物価)は1ドル=95円
https://www.iima.or.jp/files/items/185/File/doll_yen.pdf

今はかなりの円安局面で、実質実効為替レートは、20年平均より15%も安い。
長期的にドル円は、購買力平価(企業物価)の上下を言ったり来たりしている。

円はリスクオフ局面で上がるうえに、さらに円安局面なので上がりやすい。
だから、ドルやスイスフランなどよりも、日本円はかなり有利なのだ。



専門家は、「円はほぼ唯一の安価なリセッションヘッジだ」と言う。
CFD口座でVIX指数(恐怖指数)を買うなど、リスクヘッジの手段はあるが、
一番簡単なのは、日本円のまま保有しておく事だ。

つまり、日本人は海外投資を全力ではやってはいけない時期なのだ。
資産の数%程度の資金で、米国株などを買って暴落経験を積むのがベストだ。
大暴落を体験すると、投資家として大きく成長できる。

良い時期しか知らない投資家は、大暴落でヤラれてしまう事が多い。
実際、リーマンショックで、多くの投資ブロガーが消えてしまった。
自分も、一時は資産を6割も減らしたので、かなり危なかった。
みんな生き残ってね!  ヽ(・∀・ )ノ  



潮が引いた時、初めて誰が裸で泳いでいたか解る。
【ウォーレン・バフェット】


大暴落1929 (日経BPクラシックス)
ジョン・K・ガルブレイス
日経BP
2008-09-25

9月のFXループイフダンの成績は36万円、去年の半分しか稼げない!



2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、リスクオフ方向に舵を切り、
ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

9月の月間利益は36万円・・・正直ガッカリ。
去年の9月は70万円だったので、また去年の半分のペースに落ちた。
8月は割とマシなったので転換点と考えていたけど、違ったようだ・・・


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 
     5月 38万円
     6月 28万円 < (つД`) 
     7月 32万円 <  (゚д゚)、ペッ 
     8月 48万円 
     9月 36万円

1/3のフラッシュ・クラッシュ以降は動きが悪くなって、
過去14年で最低のボラティリティーになっている。
つまり、殆どのトレーダーは、こんな低調な相場を経験していない。

リピート系FXは、相場が動かないと利益が出ないし、
裁量取引の敏腕トレーダーも、去年の半分しか稼げていないそうだ。
株もFXも動きが悪くなって、多くのヘッジファンドは大損している。



米国のレポ金利急騰の裏側
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL01H15_R01C19A0000000/

日本では殆ど報道されないが、9月中旬に米国のレポ金利(短期金利)が急上昇し、10%を超えた。
長期金利は制御出来ないが、短期金利は制御できるモノなので、異常事態だ。
これは、「リーマンショックの直前と同じ現象」と言われている。



相場の動きはまだないが、逆イールドレポ金利急騰などの予兆は確実に増えている。
自分は、この官製相場状態が、徐々に壊れているのだと考えている。

日本の景気DIの予想を見ても、「10月からの景気悪化は確実」だろう。
世界的な景気後退で、今後半年で何が起こるのか注目したい。

キャプチャ889

8月のFXループイフダンの成績は・・・48万円、8月は転換点にはなったが・・・



2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、リスクオフ方向に舵を切り、
ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

8月の月間利益は48万円・・・2月以降では最高だった
しかし、去年の8月は64万円だったので、「まだ活性が低い」と言える。


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 
     5月 38万円
     6月 28万円 < (つД`) 
     7月 32万円 <  (゚д゚)、ペッ 
     8月 48万円 

1/3のフラッシュ・クラッシュ以降は動きが悪くなって、
過去14年で最低のボラティリティーになっている。
つまり、殆どのトレーダーは、こんな低調な相場を経験していないワケだ。

リピート系FXは、相場が動かないと利益が出ない・・・・
裁量取引の敏腕トレーダーも、去年の半分しか稼げていないそうだ。




統計的に8月は、株価が暴落、円高、豪ドル円が下落する傾向が強い月だと前回書いたが、
円高、豪ドル円の下落は確かに起こった、しかし、株価は思ったより下がらなかった。

1/24のブログで、夏までに株価暴落+円高、年後半の景気後退を予想した。
円高は予想どうり始まっているが、
もう9月なので「夏までに株価暴落」と言う部分は外してしまった。



しかし、日本の景気DIの予想を見ても、「年後半の景気後退は確実」だと思う。
株価は景気に先行するので、本来なら8月には株価は暴落していないと変なのだ。

8月は転換点にはなったが、日米とも株価には違和感が残る。
石原順さんが言うように、日本も米国も政府が株価を支えているせいかもしれない。
こんな不自然な相場は長くは続かないと思うので、9・10月に崩壊するかも?


キャプチャ889

円高になったと言うが、今は過去40年間の中で一番の円安水準。



この10日くらいで、ドル円が109→105円になって、騒いでいる人がいるが、
別に、大した変動幅ではないだろう?
過去には、1日に4円くらい動く日もあった。

むしろトレーダーにとっては、相場が動いてくれたほうが都合が良い。
この半年、停滞していた相場が8月に入って活性化したのは喜ばしい事だ。



今が歴史的な円安水準だと知っていましたか?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00296993-toyo-bus_all&p=1

2011年には、1ドル=75円だった。 たった8年前だ。
歴史的に見れば、今は過去40年間の中で一番の円安水準なのだ。
つまり、逆に言うと「円高に大きく振れるリスク」があるワケ。



購買力平価(企業物価)は、現在1ドル=95円
https://www.iima.or.jp/files/items/185/File/doll_yen.pdf

自分は、購買力平価(企業物価)を基準に考えている。
過去20年で見ると、ドル円は購買力平価(企業物価)の上下20%以内に大体収まる。
つまり、2011年みたいに1ドル=75円になってもオカシクない。



ループイフダンで長期運用する場合は、値幅20円に耐えられる設定にすべきだ。
自分のザックリした想定では、値幅20円を見ていればなんとかなる。

おそらく、年利10%前後になってしまうが、
「リスクとリターンはトレード・オフ」なので、あまり欲張るべきではない。

rat_race_businessman

7月のFXループイフダンの成績は・・・32万円  だが、8月は相場が動き始める?

キャプチャ8995

2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、リスクオフ方向に舵を切り、
ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

7月の月間利益は32万円・・・・去年の半分以下だ。  


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 
     5月 38万円
     6月 28万円 < (つД`) 
     7月 32万円 <  (゚д゚)、ペッ 


1/3のフラッシュ・クラッシュ以降は動きが悪くなって、
過去14年で最低のボラティリティーになっている。
つまり、殆どのトレーダーは、こんな低調な相場を経験していないワケだ。


リピート系FXは上がっても下がっても良いが、相場が動かないと利益が出ない・・・・
裁量取引の敏腕トレーダーも去年の半分しか稼げていないそうだ。


トータルで4000万円を入金したが、預かり評価残高は5270万円になった。
つまり、3年弱で1270万円も資産が増えた事になる。
最近はボラティリティ低下で効率が落ちているが、リスクオフ戦略は成功しているのだ。




「魔の8月」に突入する日本株、海外勢売りや株価最悪の記憶
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-31/PVHF1C6JTSH101


統計的に8月は「最も株価が暴落しやすい月」だ。 
また8月は、円高になりやすく、特に豪ドル円が下落する傾向が強い!

さらに、トランプが「8月に日米の貿易交渉を行う」と言っているので波乱が起きるハズ。
だから、8月は転換点になるのでは、と期待している。


6月のFXループイフダンの成績は・・・28万円とまた低迷! 異例のボラティリティ低下は「嵐の前の静けさ」か?

キャプチャaaaaaa

2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

6月の月間利益は28万円・・・また低迷しちゃった!  


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 
     5月 38万円
     6月 28万円 < (つД`) 


2月の相場は「異常なまでに為替が動かなかった」ので収益がガタ落ち。
3月は多少動きが戻ってきて少し回復した。
4月は2月以上に相場が動かなかった。
5月は多少はマシだった。
6月はまた低迷したので、さすがにウンザリ・・・

リピート系FXは上がっても下がっても良いが、相場が動かないと利益が出ない・・・・
裁量取引の敏腕トレーダーも去年の半分しか稼げていないそうだ。




焦点:外為市場、異例のボラティリティ低下は「嵐の前の静けさ」か
https://jp.reuters.com/article/forex-trade-idJPKCN1TT13V

外為市場は、ボラティリティが極めて小さい状態が続いている。
ベテラントレーダーの間では「世界金融危機前の状況を彷彿させる」との声も聞かれ、
今は「嵐の前の静けさ」という見解もある。


1/3のフラッシュ・クラッシュ以降は動きが悪くなって、
過去14年で最低のボラティリティーになっている。
つまり、殆どのトレーダーは、こんな低調な相場を経験していないワケだ。


自分も「嵐の前の静けさ」だと感じているが、この状況が半年も続くとは思わなかった。
しかし、停滞の後には大変動が来るモノなので、
ここはレバレッジを上げずに耐えるべきだと考えている。



5月のFXループイフダンの成績は・・・38万円と多少はマシになった。ここは敢えてノンビリ構えよう!

キャプチャ559813

2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

5月の月間利益は38万円・・・ちょっとマシになった!  


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 
     5月 38万円

2月の相場は「異常なまでに為替が動かなかった」ので収益がガタ落ち。
3月は多少動きが戻ってきて少し回復した。
4月は2月以上に相場が動かなかった。
5月は多少はマシだったが・・・

リピート系FXは上がっても下がっても良いが、相場が動かないと利益が出ない・・・・
裁量取引系なども含めて、殆どのトレーダーは苦しんでいると思う!



1/3のフラッシュ・クラッシュ以降は動きが悪くなって、
過去14年で最低のボラティリティーになっている。
つまり、殆どのトレーダーは、こんな低調な相場を経験していないワケだ。

半年もこの状態なので、正直ウンザリだが、ここは敢えてノンビリ構えようと思う。
焦ってレバレッジを上げても、経験上ロクな事にならない。
レバレッジを今の2倍にすれば、2倍稼げるが、大きなリスクを負うことになる。

4月のFXループイフダンの利益が急減・・・トンデモなく落ちてる!

キャプチャ
2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、ユーロ円S10、ユーロドルS10 を各1万通貨単位で運用している。

4月の月間利益は24万円・・・トンデモなく落ちてる!  


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 
     4月 24万円 < (´Д`;) 

2月の相場は「異常なまでに為替が動かなかった」ので収益がガタ落ち。
3月は多少動きが戻ってきて少し回復した。
4月は2月以上に相場が動かなかった・・・・

上がっても下がっても良いが、リピート系FXは相場が動かないと利益が出ない・・・・
裁量取引なども含めて、殆どのトレーダーは苦しんでいると思う!




ヘッジファンドはボラティリティー低下予想-VIXショート過去最大
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-28/PQNAZ46K50XS01

為替だけでなく、株のボラティリティーも縮小している。
ヘッジファンドはこうした市場の静けさが続くと予想し、
VIX指数のショートポジションを過去最大に積み上げている。


VIX指数(恐怖指数)は、ボラティリティ・インデックス(Volatility Index)の略称。
S&P500のオプション取引のボラティリティをもとに算出される。


西山孝四郎さんは「最小の市場参加者による株高」と言ってる。
株も為替も、「市場参加者が異常に少ない」という事。
皆が怖がって売買していないのに株高になっているので、ドカンと下がりそうだが・・・

まあ、リスクオフへの備えをしながら、じっくり待つのが良いと思う。

3月のFXループイフダンの成績は・・・ 2年5ヶ月で1100万円の利益

キャプチャ112
2016年11月からアイネット証券のループイフダン(ドル円B15)で運用し、
2018年7月からは、ユーロ円S10 と ユーロドルS10 で運用している。

以前の記録は「前のブログ」を見てください。
https://ameblo.jp/oni9999/theme-10106914590.html

3月の月間利益は42万円で・・・少し回復してホッとした  ヽ(・∀・ )ノ  


<月間利益:売買利益+スワップ>
 2018年7月 75万円
    8月  64万円
    9月  70万円
     10月 99万円
        11月 58万円
        12月 53万円
 2019年1月 58万円
     2月 33万円 <  (ノ∀`)アチャー
     3月 42万円 

2月の相場は「異常なまでに為替が動かなかった」ので収益がガタ落ちしたが、
3月は多少動きが戻ってきて少し回復した。
上がっても下がっても良いが、相場が動かないと利益が出ない・・・・



トータルで4000万円を入金しているけど、「預かり評価残高」は5100万円を超えた。
つまり、2年5ヶ月で1100万円を稼いだ事になる。

平均すると月38万円の利益だが、徐々に入金額を増やしたので実質的な年利は15%くらいだ。
しかし、今年は不調なので年利が10%以下に落ち込むかもしれない。

今年の利益は700万円を見込んでいたが、500万円前後になりそうな気配だ。
もともと「FXの長期運用は年利10%が適切」と考えていたので、まあ良いか・・・・



毎日2回は相場を確認して、
週に2回ぐらいログインして1分くらいチェックするだけで、基本的に操作などはしない。
「ぼーっと眺めて、偏見なくありのままを見る事」が大事だと考えている。
そして、動くべき時はすばやく動く。
プロフィール

おにぎり

一部上場企業で年収500万円で20年働き、セミリタイアした個人投資家。 ブログ歴は5年以上。  米国株、中国株、日本株、FXなどの経験あり。

お問い合わせはこちらまで
記事検索